≡☆ 北小岩の名所旧蹟めぐり ☆≡
2018/07/29

以前、小岩菖蒲園にハナショウブを観に出掛けた際に、北小岩は北原白秋ゆかりの地でもあり、江戸時代には房総方面と江戸を結ぶ交通の要所として町が発展していたことを知ったの。点在する寺社には、当時を偲ばせる事蹟も数多く残されていると知り、改めて訪ね歩いてみることにしたの。掲載する画像は一部を除いて幾れも拡大表示が可能よ。気になる画像がありましたらクリックしてみて下さいね。

北小岩の名所旧蹟めぐり

1. 京成小岩駅 けいせいこいわえき 10:22着 10:25発

名所旧蹟めぐりをするに際してのコース採りですが、今回は京成小岩駅を起点にして江戸川沿いを南下、善養寺を訪ねたところで折り返し、ルートを替えて京成小岩駅迄戻る形にしてみたの。地図の上では移動距離が左程あるようには見受けられなかったので、東小岩まで足を延ばすなど、欲張りなコース設定をしてみたのですが、実際に歩いてみると、移動時間もさることながら、見処毎の見学時間も予想以上に必要で、全体としてはかなりの強行軍になってしまったの。追体験してみたいと思われた方は、途中にある京成江戸川駅を以て前編・後編に分け、日を改めてチャレンジするなどした方が良さそうよ。気力・体力共に充実している方はその限りではありませんが。(^^;

2. 上小岩遺跡 かみこいわいせき 10:27着 10:28発

〔 上小岩遺跡 〕  上小岩遺跡は、区内で最も古くて大きな遺跡とみられ、現在の北小岩6、7丁目付近と推定されています。この地域は、元の上小岩村にあたることから遺跡名を上小岩遺跡と呼んでいます。上小岩遺跡は、昭和27年(1952)に当時の小岩第三中学校の生徒が自宅裏の用水路から土器片を発見し、同校の中村教諭に連絡したことからその存在が知られるようになりました。その後、中村氏らの調査に依り、この遺跡が古墳時代前期( 今から約1,600年前 )を中心とする低地の集落遺跡であることが分かりました。出土品は、弥生時代中期のものから発見されており、古墳時代前期の土器類が中心です。 Map : 北小岩6-47,50 付近

特にS字状の口縁を持つ台付甕が大量に出土した他、土錘も多く出土し、半農半漁の生活をしていたことが窺えます。また、奈良の正倉院文書に養老5年(721)の下総国葛飾郡大嶋郷の戸籍があり、この中の甲和里と云う集落が小岩にあたると推定されていますが、これまでの調査でこれを裏づける集落跡が発見されていません。当時の出土品も少ないため、戸籍に見られる集落の存在確認は、今後の調査に期待されています。昭和63年(1988)3月  江戸川区教育委員会

最初の目的地である善慶寺に向かって歩いているときに、偶然見つけたのがこの上小岩遺跡の案内板だったの。訪ねたときには都市計画道路整備事業を受けて道路拡幅のための土地の収用がされていましたが、通りの名も通称・上小岩遺跡通りと呼ばれるように、通りや収用された土地の地面の下には今も調査されずにいる古人(いにしえびと)の生活跡が残されているようね。収用を終えて道路工事に着手するようになった暁には、事前に発掘調査されるのかしら?もっとも、遺跡のエリアは北小岩6、7丁目に及ぶと云うのですからかなりの広さになり、道路拡張部分に限定したとしても発掘調査は大規模なものになってしまい、現実的ではないのかも知れないわね。尚、後半では上小岩遺跡の別なポイントにも立ち寄ってみましたので、後程紹介しますね。

3. 善慶寺 ぜんけいじ 10:30着 10:39発

地図上にその名を見つけて訪ねてみたのがこの善慶寺。縁起を記した案内板の類でもないかしら?と探してはみたのですが見当たらず、【新編武蔵風土記稿】(以降、風土記稿と略す)にも「法華宗 下總國中山法華經寺末 長慶山と號す 本尊三寶祖師を安ず 開山善立坊と號す」とあるのみで、委細不明なの。因みに、江戸川区発行【江戸川区史】には「日蓮宗で長慶山と号し、元は中山法華経寺の末。開山は善立坊日圓上人〔 承応2年(1653)入寂 〕で、近くの石井織部〔 元禄9年(1696)寂 〕が開基した。本尊は日蓮上人座像で、他に三十番神を祀る。厨子に安置されている鬼子母神像は日常上人の作と伝えられ、本堂前にRC造の法界萬霊塔がある」と記されているの。
Map : 北小岩6-34-20

山門脇の題目を記した石碑には「日常聖人御作・鬼子母尊神安置」と添え書きされていましたが、日常上人は元は下総国八幡荘若宮の領主・富木播磨守胤継(富木常忍)で、日蓮聖人に帰依し、慶長7年(1255)には自邸内に法華堂を建立しているの。後程、宣要寺の項でも触れますが、日蓮聖人が百日説法をしたのもこの法華堂でのことなの。その法華堂も文永11年(1274)には法華寺と号するようになるのですが、常忍と共に日蓮上人に帰依した縁者の太田乗明もまた自邸を本妙寺として開基、両寺は天文14年(1545)に合併して法華経寺(現・中山法華経寺)となっているの。因みに、常忍は弘安5年(1282)、日蓮聖人の歿後に出家すると、日常と号したの。

4. 上小岩天祖神社 かみこいわてんそじんじゃ 10:43着 10:53発

境内には何の案内もなく、【風土記稿】にも「三社明神社 天照大神、八幡、春日の三社なり 村の鎮守とす 観泉寺持」とあるのみなの。前掲の【江戸川区史】には「旧上小岩村の鎮守で神明社と称し、祭神は天照大神、相殿に誉田別命と天児屋根命を祀る。寛永年間(1624-44)の創建と云われるが委細不明。安政の大地震で倒壊し改築したが、明治39年(1906)に改修。明治11年(1878)に十念寺持となり、同43年(1910)から小岩神社が掌管している」とあるの。明治の初めには神仏分離令の発布に伴い寺社の習合は悉く解かれたハズなのに、明治11年(1878)には十念寺が別当職を務めるようになったと云うのですが、そこにはどんな背景があったのかしらね。
Map : 北小岩6-39-22

ところで、江戸川区内には多くの天祖神社が鎮座しているの。今回の史蹟めぐりのコース内にも小岩神社(下段の注記を御参照下さいね)を含めると4社もあるので、何か歴史的な背景があるのではないかしら−と思い、調べてみると、やはりそれなりの理由があったの。平安時代末期になると、現在の江戸川区域を含む葛飾郡に進出してきた葛西氏はその領地(荘園)を伊勢神宮に寄進し、葛西御厨(かさいみくりや)が成立したの。国衙からの税の追徴を逃れるために、地方豪族達は有力貴族や寺社に領地を寄進、年貢の一部を納める代わりに国や郡からの徴税を免れることが出来たの。とりわけ、領地の寄進先が伊勢神宮であった場合には、荘園は荘園でも、御厨(みくりや)と呼ばれたの。

厨とは元々は台所を意味することばなのですが、転じて神さまに献じる供物が得られる場所として、土地そのものを指すようになったの。伊勢神宮との関わりの深さからして、御厨内の各地に伊勢神宮の天照大神が祀られる社が建てられるようになるのは必然よね。その社も嘗ては神明社と呼ばれていたの。神明も元々は神と同義語だったのですが、平安中期から鎌倉期頃になると専ら天照大神のことを指すようになったの。時を経て明治3年(1870)になると、その宗教政策から天照大神を天祖とするようになり、東京府内に鎮座する神明社は総て天祖神社へと改称させられたの。

小岩神社も嘗ては神明社と呼ばれていたの。天祖神社を称するわけではないのですが、嘗ては神明社として天照大神を奉祭していたことからカウントに含めてみたの。尚、江戸初期の新田開発時に当時隆盛していた伊勢信仰を背景に勧請された神明社もあり、全てが御厨との関わりの中で創建された訳でもないので、その点はお含み置き下さいね。

境内には聞き慣れない神名の国之常立神(くにのとこたちのかみ)を祀る末社が鎮座していたの。【古事記】に依ると、国之常立神は「天地初めて発けし時、国稚く浮きし脂の如くして、久羅下那州多陀用弊流時」に「葦牙の如く萌え騰る物に因りて成れる」神さまの一柱として生まれきているの。国土が未だ固まらず、水に浮かぶ脂のように、クラゲのように漂っている頃に、葦が芽を吹き出すようにして生まれてきたと云うわけですが、その誕生譚から国土形成の根源神とされ、転じて国土(大地)の守護神となったの。ξ^_^ξ達の営みは総てその大地の上で行われるのですから、その神徳は直接的ではないにしろ、総てに及ぶと云うことね。お出掛けの際には忘れずに御参拝下さいね。

境内に立つ公孫樹とクロマツは江戸川区の保護樹に指定されているの。そのクロマツの姿を探しているときに、竹林の前に記念碑らしきものがあるのを見つけたのですが、それが恋岩聖地巡礼碑だったの。小岩を恋岩としているところが素敵ね。残念ながらその方面には疎くて、ξ^_^ξはこの北小岩天祖神社を訪ねる前までは「ルドルフとイッパイアッテナ」のことを知らなかったの。大ベストセラーで、映画化もされたと云うことなので、御存知の方も多くいらっしゃるかと思いますが、ξ^_^ξと同じように、「そんなの、知らないわ」と云う方は 映画『ルドルフとイッパイアッテナ』公式サイト を御参照下さいね。But リンク切れの際はゴメンナサイね。

〔 恋岩聖地巡礼 〕  北小岩6丁目天祖神社は夢と恋を叶える幸福な神さまが住むところです。それは日本を代表する児童文学作家であり大学教授でもある斉藤洋先生の旧家がこの場所にありました(御親族は北小岩に現在もお住まいです)。昔、この神社に住んでいた「くろねこ」との思い出と、そこに暮らす小岩の人々の人情を本にしたためた感動の物語、それが「ルドルフとイッパイアッテナ」と云う130万部の大ベストセラー本なのです。そして遂に映画にもなり、心温まる作品は日本中で公開され、江戸川区北小岩の町が大きく紹介されました。その功績を讃えましてこの神社をルドルフの聖地と定めます。ここは神さまとルドルフの仲間達が住む北恋岩。静かに楽しんでね。永寛

5. 小岩公園・甲和亭 こいわこうえん・こうわてい 11:05着 11:09発

Map : 北小岩6-43

次の小岩田八幡神社に向かう途中で小岩公園に立ち寄りましたが、一角にはお茶室兼多目的施設の甲和亭があるの。建物は純日本風の数寄屋造りで、施設は昭和56年(1981)に開設されているの。その名は上小岩遺跡の項でも触れましたが、正倉院文書の中に出てくる甲和里に由来し、現在はお茶会を始め、民謡・お琴・三味線などのお稽古ごとの場として、また、作品の展示にも利用されるなど、寛ぎの場になっているの。訪ねた時には催事も無く、庭内にお邪魔することが出来ましたが、木戸をくぐり抜けた瞬間に別世界が広がるの。木戸の右手には北原白秋の「夏浅み 朝草刈りの 童らが 素足にからむ 犬胡麻の花」の句を刻む歌碑もあるの。

歌碑の揮毫には区長の多田正見氏の名がありましたが、氏は歴史に関する造詣も深く、江戸川遊歩の名で執筆もなされているの。亭内にはその筆名で書かれた「紫烟草舎の風 北原白秋の小岩時代に寄せて」の一文が用意されていたの。普段は玄関扉が閉められているかと思いますが、亭内に職員の方がいらっしゃいますので、お声掛けの上でお受け取り下さいね。読んでいると、当時の北小岩の情景が目の前に広がり、白秋の心模様もまた手に取るようにして伝わってくる逸文よ。

〔 力石 〕  力石は、地域の青年達が力比べをしたときに道具として使った石です。盛んになったのは江戸時代の中頃からで、明治・大正と受け継がれていました。鶏卵のような形の丸い自然石が使われています。挙げ方に幾つかの種類があり、競技として盛んに行われました。石の重量や挙げた若者の名前が刻まれることも少なくありません。しかし、20世紀に入ると習俗も廃れ、力石も失われていきました。江戸川区では、鷹野虎四氏に依り克明な調査が行われ、未だ多くの力石が残っていることが分かりました。この力石は、北小岩在住の田中庫三氏宅より寄贈されたものです。
平成24年(2012)6月  江戸川区

前庭の一角には二基の力石が並び立てられていたの。江戸川区内には都内でも最多の332基もの力石が残されているのだとか。重さは軽いものでも18貫あり、普通は30貫から50貫が多く、最も重いものでは90貫余もあるそうよ。一貫を3.75Kgとして換算すると、約68Kgから338Kgまでのものがあると云うことになるけど、実際には、刻まれている重さの八掛けが実質的な重量のようよ。それでも、90貫と云うのは俄には信じ難いわね。因みに、持ち上げる重量の最低基準は米俵一俵分(16貫・約60Kg)で、力自慢をするためにはそれ以上の重量の石を持ち上げる必要があったの。早い話が、米俵一俵分も持ち上げられねえような奴に出場資格なんかねえよ〜と云うことね。お箸より重たい物など持ったことの無いξ^_^ξには(笑)、自分の体重以上の重さの石を持ち上げるなんて、想像も出来ないわね。

6. 小岩田八幡神社 こいわだはちまんじんじゃ 11:24着 11:33発

Map : 北小岩8-23-19

〔 八幡神社 〕  祭神は誉田別尊、相殿に倉稲魂尊を祀っています。
創建は不詳ですが、元禄8年(1695)の記録には神社の名が見られます。
■地蔵菩薩像庚申塔( 万治元年銘 )〕  江戸川区登録有形民俗文化財
この地蔵は、詩人として知られる北原白秋縁の三谷の地にあって、三谷地蔵として親しまれ、現在は境内右奥にある社務所の中に安置されています。銘文から、万治元年(1658)に庚申供養のために造立したことが知られます。庚申塔は、60日に一度めぐってくる庚申の日の夜に、眠っている人の体内から三尸(さんし)と云う虫が天帝に罪過を告げ命を縮めると云う中国の道教の教えに由来する庚申信仰の信者に依って建てられました。
■北原白秋の歌碑  昭和36年(1961)、地元の人々に依り建てられました。境内入口の右側にあります。
昭和62年(1987)3月  江戸川区教育委員会

万治元年(1658)の銘を持つこの地蔵菩薩像庚申塔は区内最古の庚申塔とされるの。
尚、庚申塔や庚申信仰のことがもっと詳しく知りたいの−と云う方は 庚申信仰 を御笑覧下さいね。CM でした。(^^:

〔 北原白秋の歌碑 〕  いつしかに 夏のあわれとなりにけり 乾草小屋の 桃色の月
明治から昭和にかけて高雅な詩や歌で有名な北原白秋(1885-1942)は、大正5年(1916-32歳の時)7月から約一年間、妻・章子と共に、この小岩村字三谷の乾草商富田家の離れに居を構えました。ここを紫烟草舎( しえんそうしゃ 現在、市川市里見公園内に復元建設 )と名付け、葛飾の風土や人情に見守られながら、短歌雑誌【煙草の花】を創刊したり、数多い短歌や詩・小品集などの素材を得ました。昭和36年(1961)、地元小岩町(現・北小岩)の人々は、白秋がこの江戸川べりの農村に住み、風物を愛したことを偲び、八幡神社の境内に彼の歌碑を建てました。平成14年(2002)3月  江戸川区教育委員会

建碑の協賛者は、当時の区長・中川喜久雄氏を筆頭に35名にものぼり、京成電鉄と読売新聞社の後援があったみたいね。因みに、刻まれている歌は【葛飾閑吟集】所収の一首になるの。白秋ゆかりの地については後程改めて紹介しますね。

7. 水神碑 すいじんひ 11:39着 11:42発

〔 史跡・善兵衛樋と水神碑 〕  江戸時代からこの付近の水田は小合溜から用水を引いていた。しかし、流水にあたり水量も少なく、特に旱天が続くと目の前に江戸川の豊富な流れを見ながら水不足で苦しんでいた。明治10年(1877)には大旱魃があり、収穫は皆無に近かった。小岩田村の石井善兵衛を中心に附近の村民が力を合わせて江戸川から掘割を造り、水を引き、一帯の水田に給水する工事を起こし、翌11年(1878)5月に完成した。初め共和圦樋と命名されたが、時の東京府知事が巡視して石井善兵衛の功績を賞し、改めて善兵衛樋と命名されたものである。水神碑は石井善兵衛の偉功碑で、その功績を記し、功労者40名の名が刻まれている。昭和48年(1973)3月  江戸川区教育委員会
Map : 北小岩8-26-15 先

〔 石井善兵衛翁偉功碑 〕  南葛飾の地たるや土壤肥沃にして最も耕作に適す。但夏季炎天數日に及ふ時は毎に水澤枯渇し田圃荒廢に歸すること多く村民の疲弊も甚だしかりき。石井善兵衞翁夙に之を憂ひ江戸川の流を引き之に漑かんとし、杉浦八五郎と共に計畫する所ありしも時運末だ會せず遂に明治十年の大早魅に遇ひ全村困憊を極む。此時翁蹶然立て其要を絶叫し有志を糺合し協心同力寒暑を間はず、風雨を厭はず東奔西走勸説惟れ努め又金比羅皇神に祈願し其成功を期せり。衆始めて其至誠に服す。是れより村民擧て圦樋作業に從亊し、明治十一年五月漸く竣成し水利金通村民蹙眉を開くことを得たり。其歳九月東京府知亊楠木正隆巡視して其偉功を賞し、命じて善兵衞樋と呼ばしむ。

同十四年重て府廰より賞状を付與せらる。爾來五穀豐穰人皆其堵に安んじ和氣蕩然として相樂む。大正十三年三月江戸川改修の爲め此樋を現位に移し、伊豫田水田の大半を放水路となしたるを以て同十五年三月之を小岩田普通水利組合に合併し、尚ほ之が排水路を開鑿し遂に今日の隆盛を見るに至れり。是れ一は神明加護の致す所と雖も翁の偉功も亦與つて力ありと謂はざるざるべからず。乃の碑を建て以て其功徳を不朽に表すと云爾。大正十五年十二月  正五位勳三等  高倉正治撰并書

石碑は幅が1m余に、高さは台石を除いた部分だけでも3m余あり、かなり大きなものになっているの。説明にもあるように、献身的な努力に依り圦樋を完成させた石井善兵衛の偉功を後世に伝えるために、大正15年(1926)に建立された顕彰碑なの。紹介した案内板はこの後に訪ねる善兵衛樋のところに掲示されていたものですが、石碑にしても、元々は旧水門のところに建てられていたの。江戸川の河川改修に伴い、昭和42年(1967)に現在地に移設されたのですが、どうせなら善兵衛樋のあるところに移設すれば良かったのに、どうして離れたこの場所に移設してしまったのかしらね。

水神碑の前からは水が湧き出していましたが、「親水さくらかいどう」に沿って流れる疏水の源流になるみたいね。と云っても、江戸川から取水しているので自然の湧水と云うわけではないのですが、北小岩8丁目付近の500m程を流れるの。沿道には水の流れに沿って桜が植樹され、雰囲気のある街づくりがされていて素敵よ。花が散った後のお掃除は大変かも知れないけど (^^; 開花時期には一層素敵な景観が広がりそうね。

8. 上小岩親水緑道 かみこいわしんすいりょくどう 11:43着 11:51発

Zenbeehi-01.mp4

水神碑から道を隔てて小岩排水場があるのですが、江戸川から取水した水を利用して上小岩親水緑道が整備されているの。左掲の親水緑道の入口を進むと直ぐにあるのが善兵衛樋で、開削当時のものと云うわけではないのですが、想像以上の水量にびっくり。と云っても、元々の圦樋は上小岩村・中小岩村・小岩田村・鎌田新田(葛飾区)の4ヶ村の田畑を潤すに充分な灌漑用水を得るための仕掛けだったわけですから、当然、今以上の水量があったでしょうし、滝水のようにしてあるのも多分に景観的な演出 (^^; のようね。接近画像や周囲の景観を含めて、その様子をスライドに纏めてみましたので、御覧になりたい方は左掲の画像をクリックしてみて下さいね。
Map : 北小岩8-29-11

9. 慈恩寺道の道標 じおんじみちのどうひょう 11:51着 11:54発

Map : 北小岩8-29-11

〔 慈恩寺道の道標 〕  江戸川区登録有形文化財  この地蔵菩薩立像を刻んだ道標は、区内で最も古いものと云われ、霊場参詣者の信仰によって建てられたもので、埼玉県の慈恩寺に行く旅人にとって、大事な道標であった。銘文からみると、正徳3年(1713)に建立されたもので、岩附・千住の二方向と、そこまでの距離が示されている。昭和53年(1978)11月  江戸川区教育委員会

(正面) 地蔵菩薩立像
(右脇) 奉供養西国板東秩父百箇所 諸願成就所
(左脇) 正徳三癸巳天七月廿四日 愛宕山 法林寺
(右面) 是より右岩附慈恩寺道 岩附迄七里
(左面) これより左千手道 新宿迄壱里 千手迄弐里半

因みに、法林寺とあるのは、この後訪ねる寶林寺のこと。転記ミスでは無いわよ。(^^;

堂内には左から弘化2年(1845)銘の馬頭観世音と刻まれた石塔に、地蔵菩薩像が並び立ちますが、右端が「慈恩寺道の道標」で、高さ113cm、幅41cm程の供養塔には地蔵菩薩像が陽刻されているの。塔身の右面には「是より右岩附慈恩寺道 岩附迄七里」とあるように、慈恩寺への道(慈恩寺道)の道標として岩槻街道の辻に建てられたものなの。慈恩寺は、現在の埼玉県さいたま市岩槻区にある天台宗の古刹で、平安時代初期に慈覚大師(円仁)が創建したものと伝えられ、本尊には千手観世音菩薩を祀り、板東三十三観音霊場の第十二番札所となっているの。ところでその岩槻街道ですが、慈恩寺道とも呼ばれていたことから専ら札所巡りに利用された道かと思いきや、元々は行徳で製塩された塩を岩槻へ運ぶための「塩の道」だったみたいね。

【江戸川区史】には「この街道の起こりは古く、戦国時代から開かれていた。即ち、岩槻城への行徳からの塩道として発達したもので、岩槻から古利根川筋を伝い南下して、中川を猿ヶ又村で渡り、金町村から江戸川沿いに下って、柴又から上小岩に入り、中小岩村と伊予田村の境を通って、元佐倉道の一里塚に出て、下篠崎村地先まで舟渡(河原の渡し)で対岸河原村(行徳領)に出たもので、昔はこの全経路が岩槻道と呼ばれていた。主として行徳の塩を内陸部の岩槻へ運ぶための道であった」とあるの。現在の景観からは想像出来ないけど、当時の行徳では大規模な製塩が行われていたなんて知らなかったわ。そう云えば、JR京葉線には市川塩浜と云う名の駅があったわね。

10. 北原白秋ゆかりの地 きたはらはくしゅうゆかりのち 12:02着発

北原白秋は大正2年(1913)にある事件※を経て松下俊子さんと結婚するのですが、僅か一年ほどで離婚してしまうの。その後、大正5年(1916)に文学を通じて知り合った江口章子(あやこ)さんと再婚し、市川真間にある亀井院に寄寓、当初は田園が広がる長閑な原風景に心酔した白秋でしたが、時を前後して周辺九ヶ村の耕地整理事業が進められ、大きく景観が変わっていくさまに失望するの。その開発の波が亀井院の周辺に及ぶと、白秋の目には行政に与して開発を進め、金銭を得ようとする野卑な姿に映ったの。それは飽くまでも白秋の誤解だったようですが、それはそれとして、白秋は亀井院の間借りから僅か一月足らずで対岸の小岩村に引っ越してきてしまうの。
Map : 北小岩8-30 周辺

白秋も一時は死を意識するまでに至った事件で、後に「桐の花事件」と呼ばれるようになったのですが、実は人妻との恋愛事件なの。事件のあらましなどが気になった方は 城ヶ島岬めぐり の白秋碑の項を御笑覧下さいね。CM でした。(^^;

小岩村での新居は、軍馬用の乾草商を営む富田市太郎氏の離れで、白秋のことばを借りると「前は柴又と千住の分かれ道、石の地蔵が一体立ってすぐ下手に橋がある、これが矢つ帳り地蔵橋。橋の横手のこの草葺きの家を遠くから見ると南に柳が枝垂れて風情がいい」と、下見もそこそこに翌日には引っ越してきてしまったの。江戸川の土手から眺めたときの、目の前に広がる景観を白秋はいたく気に入ったみたいね、併せて、その青田の中にある新居の佇まいも。その新居から紫色の煙が立ち上るのを見届けた白秋は「妻がもう夕餐の煙を立ててゐる。私はたまらなくなって茄子やもろこしの間を駆け抜けた。紫の煙!紫の煙!私は私達のこの畑の中の新居を、その晩、紫烟草舎と名をつけた」と小躍りして喜んでいるの。その新居があった場所ですが、現在は江戸川の河川改修工事や堤防の造成などで地勢がすっかり変わってしまったの。当初の場所は河川敷になってしまい、往時の縁を知る術は残念ながら無いの。だいたい、この辺りにあったと云うことで御理解下さいね。

私は今都から逃れて、静かな南葛飾の里にゐる。江戸川の清らかな流のほとり、胡瓜や茄子や玉葱や紫蘇の畑の中に、ほそぼそと紫烟草舎の煙をたててゐるのである。私は落ついて静かに歌ってゐたい。つまらぬ世間の雑音から掻きみだされたくない。‥‥‥ ああ、紫烟草舎、夜が明ければ煙をあげ、日が暮るれば灯を点じ、晴れわたった昼、雨の宵、風の夕、雪の小夜中、私達は何よりも、私達の命を、玉のようなその命を愛しまなければならない。

堪へがてぬ寂しさならず二人来て住めばすがしき夏立ちにけり 【葛飾閑吟集】

But その紫烟草舎も「あれほど庭に集まって来た雀達は追々に私と遊ばなくなった。さうして一羽ずつ別かれて、今度はせっせと自分達の巣を営みはじめた。‥‥‥ 浮世の風は静かな田園の中にも吹き荒む。私達夫婦もその風に吹きまくられて、再び都会の煤と埃との中に自分達の新しい巣を探さなければならなくなった。‥‥‥ 葛飾は静かであった。朗らかであった。紫烟草舎はなつかしかった。寥しいが安らかであった。その紫烟草舎の扉も閉ざされた。又、閉ぢなくてはならなくなった」の。白秋の小岩時代は、赤貧に喘ぎながらも、苦楽を共にすることが出来た章子さんがいてくれたことは、白秋にとってはこの上無い幸せなことだったのではないのかしら。それが故に、後年、小岩で生活を基にした作品を数多く残すことが出来たと云っても過言ではなさそうね。とは云うものの、その章子さんとも離婚することになってしまうのですが。


市川市国府台にある里見公園の一角には紫烟草舎が復元移築されているの。
後日、訪ねてみましたので紹介しておきますね。

〔 紫烟草舎の由来 〕  「からたちの花」「砂山」などの作詞で親しまれている詩人の北原白秋(明治18年〜昭和17年)は、大正5年(1916)の夏から約一年間、当時小岩にあったこの離れに於いて優れた作品の創作を続けた。白秋自身、紫烟草舎と名付けたこの建物は、その後、江戸川の改修工事のために取り壊され、解体されたままになっていた。たまたま、本建物の所有者、本市在住の、湯浅伝之焏氏の厚意ある提供を受けた市川市は、白秋を偲ぶよすがとして、家の間取り、木材など、全て当時のままに、ここ里見の地に復元した。復元の地をここに求めたのは、小岩に移り住む前の白秋が、真間の亀井院に住んでいたこと、小岩に移ってからも、対岸の江戸川堤から眺めるこの里見の風景や、万葉の昔より所縁の深い葛飾の野を、こよなく愛していたことによる。市川市・市川市観光協会

紫烟草舎の当初あった場所は現在では河川敷になってしまっているの。大正7年(1918)に白秋は小田原に転居してしまいますが、建物は大正8年(1919)に江戸川河川改修工事に伴い、800m程離れた現在の北小岩8丁目に移転。所有者も湯浅伝之焏氏に変わり、湯浅氏の住居として使用されたの。昭和42年(1967)には再び堤防改修工事のため取り壊されることになり、解体されて湯浅氏の転居先である千葉県市川市大野に運ばれていたの。

11. 唐泉寺 とうせんじ 12:06着 12:16発

Map : 北小岩7-10-10

堤防沿いの旧道を歩くとあるのが江戸川不動尊の別名でも呼ばれている唐泉寺。現在は吉祥山唐泉寺を山号寺号とする真言宗泉涌寺派の寺院ですが、開創は、勤め人をしていた前住職(真快和尚)が愛娘を急性骨髄性白血病で失ったのを機に出家、全国行脚の末、当地に不動堂を建立したことに始まるの。下段に本堂の前に立つ甦り不動明王の由来を引いておきますが、真快和尚自らも癌に罹りながら、奇跡的に病を克服しているの。それはひとえに不動明王の御利益によるものとされ、現在では「がん封じ」や「ぼけ封じ」など、日本唯一の「封じ護摩」のお寺になっているの。

〔 甦り不動明王 〕  当山住職真快和尚は平成2年(1990)8月、東京女子医大にて上咽頭癌の告知を受け、以後、懸命の闘病生活を続くるに、病必ずしも好転せず。和尚、最後の覚悟を極めんと、西国八十八ヶ所霊場巡拝を志し、見事無魔成満す。維持平成3年(1991)節分会。名も知れず幼児より蛙の玩具を授かりて〔 甦へる 〕の天啓を受けし想いに至る。爾来、和尚気力を奮い立たせ、摩訶不思議にも癌病を克服するに至れり。彼の幼児こそ不動明王眷属たる矜羯羅(こんがら)、制迦(せいたか)両童子の化身たらんと想い定めて、当所に〔 甦り不動明王 〕を建立し、信徒各位を悩ます悪病を退散なさしめんと発意を新たにす。維持平成3年(1991)師走吉日 吉祥山江戸川不動尊唐泉寺

至心発願 天長地久 即身成仏 増長福壽 息災延命 悪霊退散 悪病退散 富病平癒 諸人快楽 乃至法界 平等利益

の字ですが、本当はウ冠が要らないの。
表示不能ですので代用文字にしています。御容赦下さいね。

12. 正真寺 しょうしんじ 12:25着 12:27発

正真寺は真言宗豊山派で、神明山西光院と号します。開山は暁覚法印で、慶長6年(1601)に入寂しました。現在の本堂は唐破風様式の鉄筋コンクリート造で、昭和43年(1968)10月の再建です。寺宝としては、チベット語の教典が多数あります。
■小岩田のばんどう道庚申塔石造道標  江戸川区登録有形文化財・歴史資料  昭和58年(1983)登録
享保8年(1723)に建立された青面金剛の刻像庚申供養塔で、像の脇に「これより左ばんどうみち」と刻まれています。坂東道ならば観音霊場の道、つまり岩槻道か浅草道を指していると考えられます。
Map : 北小岩7-27-5

■真田周作筆子塚  江戸川区登録有形文化財・歴史資料  昭和62年(1987)登録
寺子屋師匠だった真田周作夫妻のために、筆子(生徒)達が建てました。
真田周作は天保4年(1833)没。墓地は右手奥にあります。
平成14年(2002)12月  江戸川区教育委員会

唐泉寺からこの正真寺までの移動時間が9分程かかっていますが、途中で曲がるべき道を見過ごしてしまい、プチ迷子になってしまったの。(^^; 迷わなければ半分の時間も要らないと思うわ。それはさておき、正真寺は神明山西光院と称し、元は千葉県にある金光明寺末でしたが、現在は奈良の長谷寺を本山とする真言宗豊山派の寺院。開基は暁覚法印〔 慶長6年(1601)入寂 〕で、元々は天文・永禄の国府台合戦に加わった里見方の武士でしたが、世の中の平安を祈願して阿弥陀如来の像を刻むと、国府台合戦の戦場となったこの地にお堂を建てて祀ったのが始まりであると伝えられているの。因みに、江戸期には多くの神明社の別当も務めたようよ。

正面
左脇
右面
 
左面
青面金剛像
これより左ばんどうみち
東葛西領小岩田村
庚申講中 観音堂別当了圓
享保八癸卯歳六月吉日
門柱の蔭に隠れるようにして建つのが青面金剛を主尊とした庚申塔で、「これより左ばんどうみち」と刻まれるように、道標を兼ねているの。その板東道ですが、慈恩寺道道標の項で触れた、板東三十三ヶ所観音霊場の一つ、現在の埼玉県さいたま市岩槻区にある慈恩寺(十二番札所)へ通じる慈恩寺道(岩槻道)、あるいは十三番札所の浅草寺に通じる浅草道を指しているものと考えられているの。

冒頭に紹介した案内板の説明にある真田周作筆子塚ですが、訪ねたときには墓苑の入口が閉じられていて拝観出来ずに終えているの。ごめんなさい。塔身にはそれぞれ「眞乘院蓮月暁水居士 天保四年十二月二十七日沒」、「眞全院榮仙妙保大姉 天保十二年正月六日沒」と刻まれているとのことですので、御参考までに。

13. 小岩田天祖神社 こいわだてんそじんじゃ 12:36着 12:39発

Map : 北小岩7-28-19

今回の北小岩の史蹟めぐりでは早くも二社目の天祖神社となるのがこの小岩田天祖神社で、天正年間(1573-91)の創建と伝えられているの。当社も神明宮として創建されているのですが、享和2年(1802)には落雷により社殿を焼失し、同年9月に改築され、現在の社殿は文政10年(1827)に再建されたものなの。祭神は天照大神を主祭神にして、相殿に経津主神(ふつぬしのかみ)、倉稲魂命(うかのみたまのみこと)、建御名方神(たけみなかたのかみ)、惶根神(かしこねのかみ)が祀られるの。But 文政(1818-30)の頃は神明諏訪両社大神と称していたと云うのですから、当時は未だ天照大神と、建御名方命の二柱だったのかも知れないわね。経津主命と云えば香取神宮の祭神で、惶根神(=面足尊:おもだるのみこと)と云えば第六天社に祀られる神さまになるの。倉稲魂命は御存知のお稲荷さんよね。当社は明治7年(1874)に村社となり、天祖神社と改称したとのことですので、その時に周辺の香取社・第六天社・稲荷社などを合祀したのかも知れないわね。かもよ、かも。(^^;

訂正です。【風土記稿】には「神明社 稲荷香取を相殿とす」とあり、
既に合祀されていたようね。勝手推論を書きました。ごめんなさい。

左掲は境内末社の水神宮で、元文5年(1740)の創建と伝えられているのですが、それ以上のこととなると委細不明なの。

14. 真光院 しんこういん 12:42着 12:52発

Map : 北小岩4-41-6

〔 真光院 〕  真言宗豊山派で稲荷山遍照寺と号し、慶長7年(1602)に法印良鑁(ほういんりょうばん)が開山したと伝えられています。本尊に木造阿弥陀如来立像を安置しており、寺宝として弘法大師筆と伝えられる「鼠心経(ねずみしんぎょう)」を所蔵しています。昭和47年(1972)に萱葺きの本堂から鉄筋コンクリート造に建て替えられました。門前に青面金剛と馬頭観音が祀られ、境内には樹齢200年といわれるケヤキとスダジイが聳えています。
■木造閻魔王坐像  江戸川区登録有形文化財・彫刻
寄木造りのこの像は、本堂内に祀ってあります。像高約81cm。左手は掌を仰向けて膝の上に載せ、右手に笏を握っています。顔は忿怒の相で口を開き、胸飾りに日月を現しています。銘はありませんが、江戸時代後期に、檀家によって家族の供養のために寄進されたもので、その頃の作と考えられます。平成6年(1994)3月  江戸川区教育委員会

閻魔大王座像ですが、『江戸川区の史跡と名所』には「当地出身の遊女・三代高尾が実家を通じて菩提寺に寄進したものと云われています」とあり、その高尾の墓について「遊女三代高尾(田中氏)は当地出身で、昔から話題になっている三浦屋でなく、仙台高尾と云われ、墓は左手にあります」と案内されているの。But 普通は仙台高尾と云えば三浦屋の二代目高尾太夫のことで、仙台藩主の伊達綱宗に史上最高額で身請けされたと云われていて、何と、体重と同じ重さの金子を以て見受け金とされたの。体重と云っても着物を何枚も重ねた上に、幾つもの簪を髪に挿すなどして飾り立て、金襴緞子に身を固めた上でのお話しなの。今のお金にすると億単位でのお話しのようよ。

だからと云って太夫の懐にお金が入った訳ではないのですが、そこまでして入れあげてくれたにも関わらず、太夫は綱宗になびくこともなく、最後は隅田川に浮かぶ舟の上で綱宗の手により吊し斬りにされたとのお話しもあるの。後世に付与された逸話の感も多分にあるのですが、ここではその三浦屋の仙台太夫のことではないみたいだし、良く分からないの。残念ながら未確認で終えていますが、高尾のものとされる墓塔には軟調院聖諦遊践信女と刻まれ、安政5年(1858)沒とあるのだとか。三浦屋の仙台高尾の歿年は万治3年(1660)のこととされ、そうなると互いに生きた時代が異なり、やはり別人の可能性が大のようね。気になる方は By your self で御探究下さいね。(^^;

御案内が前後してしまい恐縮ですが、門柱右手には青面金剛を主尊とする庚申塔や馬頭観音と刻む石塔が並び立つの。背後に建つ小堂には大小の供養塔が祀られていましたが、目を引いたのが御覧のドラえもん像で、建立されたのには何か特別の理由がありそうで、その由来が気になるところね。また、境内にある樹齢200年と云われるケヤキとスダジイの樹ですが、参道の右手に立つのがスダジイで、左手に見えるのがケヤキの木になるの。

15. 光ヶ嶽観音堂 てるがたけかんのんどう 12:57着 13:00発

Map : 北小岩4-27

〔 光ヶ嶽観音堂の由来 〕  正真寺境外仏堂の観音堂は、光ヶ嶽観音堂と号し、弘法大師の大曼荼羅戒壇前にて鋳造された小金像をお祀りしています。光ヶ嶽観音は一寸八分( 約6cm )ほどですが、室町時代末期の武将・里見義豊&義俊の守り本尊で、常に甲冑に収め、戦場に赴いたと伝えられております。その後 観音像は千福寺(現存せず)に安置されましたが、里見家子孫に至って供養を怠ったところ、文禄元年(1592)、地元の沖田家祖先・豊前の枕元で大きな音が響き、驚いた豊前が跳び起きると観音像が立っていたと云います。翌朝、豊前が千福寺に詣でると、そこには観音像はなく、豊前は屋敷内にお堂を建立。以来 観音像は江戸・明治・大正・昭和・平成を通じて北小岩の信仰となったものです。地元の由緒ある文化財と云えるでしょう。また、嘗てのお堂は火災・戦災で被害を受けた人達に貸し出されたり、お年寄りの集い・踊りの稽古場にも利用され、馴染み深い観音堂なのです。地元の皆様のご協力を得て堂宇再建の機にその由来を記す。平成19年(2007)8月吉日 正真寺住職 田嶋信雄 世話人一同

境内の入口にはお地蔵さまが立ちますが、
その左手には沖田氏一族のお墓があるの。

16. 伊予田の観世音道石造道標 いよたのかんぜのんみちせきぞうどうひょう 13:08着 13:09発

〔 伊予田の観世音道石造道標 〕  江戸川区登録有形文化財・歴史資料
安永4年(1775)建立。銘文は正面に「是よりあさくさくわん世おん道、伊予田村中」とあり、側面にはそれぞれ「右舟ばし迄三り、いちかわ道」「左にいしく道、いわつきぢおんじ迄七り」と刻まれています。原位置はやや北によった旧観世音道の入口にあり、その後糀屋商店前に移設されて保存されていましたが、平成17年(2005)に現在地へ移設されました。江戸川区HP
Map : 北小岩4-37-2
Cafe Wakatake さま横

道標は H:106cm・W:31cm・D:21cm 程の石柱で、側面には上記のように刻まれているの。にいしく道とあるのは新宿道のことですが、新宿(しんじゅく)ではないので誤解しないで下さいね。(^^; 新宿(にいじゅく)は中川を渡った水戸街道と佐倉街道の分岐点を中心にしたエリアになるの。道標には伊与田村中とあることからお分かりのように、当時の伊与田村の人達が建てたものですが、伊予田村は明治5年(1872)に発行された【東京府志料】に依ると「東は江戸川に瀕し、西は中小岩村、南は下小岩村、北は小岩田村なり。此地里見氏は遺臣篠原伊豫と云もの開發せし故、伊豫新田と号せしを、元祿以後村名となる。當村もと小岩村に孕まりたる原野なりしを開墾して別に一村をなせり」とあるように、里見氏の重臣であった篠原伊豫が開拓した土地で、当初はその名を以て伊予新田と呼ばれていたのですが、元禄10年(1697)に行われた検地を機に伊予田村となったみたいね。その篠原伊豫のことは後程寶林寺の項で改めて紹介しますね。因みに、観世音道標の右手に立つ小さめの道標には「左成田ミち」とあるの。

17. 京成江戸川駅 けいせいえどがわえき 13:10着発

京成小岩駅を出発してからここまで見学時間を含めると約3時間ほどの所要時間になるの。尤もξ^_^ξのノンビリとした足取りのせいもあるけど、更に史蹟めぐりを続けるとなると、かなりの強行軍になるの。ハナショウブが見頃となる季節であれば、次ぎに紹介する小岩菖蒲園に咲く花菖蒲を愛でたところで一日目を終え、以降の行程は日を改めるなどした方が良さそうよ。ξ^_^ξは訪ねてみたい誘惑に駆られて、あちらこちらを訪ね歩きながら東小岩にある善養寺まで足を延ばしてしまいましたが、その道程がとても長く感じられたの。

確かに、善養寺の「影向の松」の姿を目の当たりにしたときは疲れも吹き飛んでしまいましたが、足を延ばした以上はまた元の場所に戻り来なければならなくて。(^^; でも、逆に、ξ^_^ξが要した時間が Max だと思いますので、健脚を自負される方は迷うことなく挑戦あるのみ−かも。どうするかは御覧のみなさまにお任せしますね。

18. 小岩菖蒲園 こいわしょうぶえん 13:16着 13:39発

Map : 北小岩4-37 先

〔 小岩菖蒲園 〕  昭和57年(1982)6月開園。昭和63年(1988)利根川百景に選定。100種類50,000本のハナショウブをゆっくりと観賞出来るように回遊式庭園となっている。面積:4,900m² 種類:100種 9,000株 50,000本 開花時期:5月下旬〜7月上旬
江戸川区土木部水とみどりの課

ξ^_^ξが訪ねたのは開花シーズンをすっかり終えた7月下旬のことでしたが、園内にはそれでも花を咲かせている花菖蒲を数輪見つけたの。ハナショウブの代わりに今を盛りにとばかりに花を咲かせていたのがスイレンで、園内にあるあちらこちらの小沼で競い咲きしていたの。沼と云えば、明治の頃はこの辺りには大小合わせて30余りの沼があり、元々は江戸川が氾濫したときに出来た、キレショと呼ばれる、洪水跡の池だそうよ。

スイレンじゃなくて、ちゃんとした花菖蒲が咲いたときの園内の様子を観たい、知りたいと思うわよね。そんなあなたのためにちゃんと用意しました。(^^; 画像は以前 ( 2017.06.03 ) 訪ねたときのもので、見頃とするには少し早過ぎたようですが、雰囲気だけでも楽しんで下さいね。スライドに纏めてみましたので、御覧になりたい方は こちら をクリックして下さいね。

〔 ムジナモ Aldrovanda vesiculosa 〕  水中に漂うモウセンゴケ科の奇少な食虫植物で、ムジナ(タヌキ)の尾に見立てて名付けられました。植物体は、長さ6-25cm、太さ約2cmで、節に6-8枚の葉が付いていて、虫が入ってくると貝のように葉を閉じて捕まえます。夏、水面上に淡緑白色の直径約5mmの花を咲かせますが、一日ですぼみ、柄が水中にもぐって果実を結びます。大正10年(1921)、この地はムジナモ生育地として国の天然記念物に指定されましたが、数度の洪水で流失し、大正15年(1926)に天然記念物の指定を解除されました。平成25年(2013)3月修繕  江戸川区教育委員会

〔 ムジナモ発見100周年記念碑建立の主旨 〕
明治23年(1890)5月11日、武州伊豫田村(現・江戸川区北小岩4丁目先)の当河川敷に於いて、当時、理科大学(東京大学理学部)植物学教室で植物分類学を研究中であった新進気鋭28歳の牧野富太郎博士が、ヤナギの果実を採集中、偶然にムジナモを発見した。そして、翌年(1891)7月、ムジナモ開花の報を受けて、直ちに当地に駆け付け、幻の花とされていたムジナモの花を採取し、精密な解剖図を描いて、明治26年(1893)10月発行の植物学雑誌に公表した。やがて、多くの書物に転用されて、牧野博士の業績が世界に知れ渡る端緒となった。

日本の植物学史上特記すべき「ムジナモ発見」100周年にあたり、牧野博士の偉業を称え、その事実を永く後世に伝えるため、この発見地に記念碑を建立するものである。平成2年(1990)6月10日 牧野富太郎博士ムジナモ発見100周年記念碑をつくる会

園内の一角には紹介した「ムジナモ発見の地」碑が建てられていたの。ムジナモは埼玉県羽生市にある宝蔵寺池でも自生していたのですが、昭和46年(1971)頃にはやはりその姿を見ることが出来なくなってしまったの。江戸川区と羽生市では種の保存を図ろうと人工培養も試みられたのですが、現在では絶滅してしまったの。

以前、千葉県市川市にある蓴菜池緑地で同じく水生植物で絶滅危惧種のイノカシラフラスコモの保護育成が行われているのを目にしたことがありますが、決してムジナモと同じ運命を辿っては欲しくはないわね。そのイノカシラフラスコモですが、平成28年(2016)には井の頭公園内の井の頭池で、何と60年ぶり!に発芽が確認されたそうよ。それでも危機的状況にあることには変わりないのですが、うれしいことよね。ムジナモからお話しが少し横道に逸れてしまいましたが、ごめんなさいね。

19. 小岩市川関所跡 こいわいちかわせきしょあと 13:42着 13:44発

〔 小岩市川の渡し跡・小岩市川関所跡 〕  江戸時代の初め、両国から竪川の北岸を東に進み、逆井の渡しで中川(旧中川)を渡り、小岩で現在の江戸川を渡って房総へ向かう道が開かれました。「元佐倉道」と呼ばれ、明治8年(1875)に千葉街道と改称されています。江戸時代に作られた【水戸佐倉道分間延絵図】には「元佐倉通り逆井道、江戸両国橋え道法三里」と記されています。江戸から佐倉へ向かう道筋には、千住から新宿(葛飾区)に至って水戸街道から分かれ、小岩に至る佐倉道があり、江戸時代にはこちらが街道として利用されていました。江戸を守るために江戸川には橋が架けられませんでした。小岩市川の渡しの小岩側に小岩市川関所が置かれていました。
Map : 北小岩3-25 堤防上

【新編武蔵風土記稿】の伊予田村の項に「対岸は下総國葛飾郡市川村なれば、小岩市川の御番所と云」とあります。これは幕府の設けた関所の一つで、常時4人の番士が配属されていました。上流の金町松戸関所と共に、江戸の出入りを監視する東の関門でした。戊辰戦争では、ここも戦場になっています。明治2年(1869)に廃止されました。江戸川区

案内板は堤防上に建てられてはいますが、嘗ての関所は京成電鉄の鉄橋から約50m程下流の、現在は河川敷となっている場所に置かれていて、その先に渡しがあったの。関所は正式には小岩市川御関所と呼ばれ、江戸を防衛する上で重要視されていたの。関所の通過は明六ツから暮六ツ迄と限られていて、一般庶民の通行の際には必ず「手形」或いは「切手」と呼ばれる証明書を必要としたの。証明書は旅の目的等を記したもので、村の名主の加判を要したの。名主は身元保証人であり、問題を起こしたときには連帯責任を負うことになったようね。勿論、関所破りなんて論外で、即、磔の刑に処せられたの。

加えて、「入鉄砲に出女」は厳重に取り締まられていたの。入鉄砲が対象にされたのは分かるけど、どうして女の人が江戸から出ることを厳重にチェックされたの?それは、諸国大名の妻女が江戸屋敷に人質として置かれていたからなの。身元を隠して関所を抜けて領地に帰られてしまっては人質の意味が無くなってしまうもの。そのため、女性の場合には女手形(御留守居証文)が要求され、旅の目的や行き先のみならず、素性や人相なども事細かに記されていたようね。更に加えて、対岸の下総・上総方面から嫁入りした場合などは里帰りをはじめ、冠婚葬祭のときなどでもその都度通行手形を必要としたの。

関所の通行には身分の上下で差があったのですが、天和2年(1682)の高札には「乗物にて相通面々、乗物之戸をひらくべし。但し女乗物は番之輩致差図、女に見せ可通之事」とあるように、冠り物をしていた際には笠や頭布をとらせ、駕籠などに乗っていたときには必ず戸を開けさせたの。特に女性の場合には、手形改めが済むと「髪改め女」が結い上げた髪をほぐすなどして徹底的に調べ上げられたの。

 
一、
此関所番所之前にて往還之輩 笠、頭布をぬぐべき事
一、
乗物にて相通面々、乗物之戸をひらくべし。但し女乗物は番之輩致差図、女に見せ可通之事
一、
公家、門跡、諸大名参向之時々、前より其沙汰可有之候間、不可改之、自然不審之儀あらば可為格別事
 
右可相守此旨者也、仍執達如件
 
天和二年十一月日

「小岩市川の渡し」は区内唯一の幕府公認の渡船場でしたが、非公認ではあるものの、他にも「百姓渡し」と呼ばれる幾つかの渡しがあったみたいね。と云っても、一般の旅人などが利用出来た訳ではなくて、専ら、農民が田畑の農作業を行う際や、樵の方が山仕事をするために川を渡るときのみに許されていたものなの。とは云うものの、天保6年(1835)に著された深河元儁(ふかがわもととし)の【房総三州漫録】の中には「中川ノ渡は龜戸・上平井・下平井、市川の渡は松戸・矢切・市川・河原・今井、女は今井を通さず河原の傍の前野ノ渡へ廻る」との記述もあり、女性はかなり厳しい扱いをされてはいたのですが、それでも一般の旅人も「百姓渡し」を自由に通行出来たようね。

そう云えば、埼玉県の栗橋を散歩した際にも、栗橋の関所を通らずに利根川(権現堂川)を渡る、「女廻り道」と呼ばれる裏ルートが嘗てあったことを知りましたが、「百姓渡し」でも渡船の船賃をはずむことで女性も秘かに渡れたのかも知れないわね。But 無責任な推論モードですので、鵜呑みにしないで下さいね。


市川橋を渡った対岸には市川関所跡があるの。
参考までに紹介しておきますね。

〔 市川関所跡 〕  江戸時代以前の江戸川は太日川(ふといがわ)と呼ばれていた。奈良・平安時代の関所跡周辺には井上駅屋(いかみのうまや)が置かれ、都と下総国を往来する公の使が太日川の渡し船と馬の乗り換えを行った。また、室町時代には、市川を旅した連歌師の宗長が、その時の紀行文【東路の都登(あずまじのつと)】の中で、市川に渡(わたり)があったことを記しており、古くからここに人々が集い、川を渡っていたことが分かる。やがて江戸に幕府が置かれると、江戸を守るなどのため、関東の主な川に、船の渡場で旅人を調べる「定船場(じょうふなば)」が設けられた。古くから渡があり、市場で賑わっていた市川が選ばれ、これが後に関所となった。

時を経て、江戸時代の中頃には、川の他、山や海を合わせ、全国各地に沢山の関所が設けられていた。これらの関所には取り締まりが厳しい関所と、比較的緩やかな関所があり、市川の関所では江戸へ入る武器と江戸から出てゆく女性が、特に厳しく取り締まられた。「市川関所」と呼ばれることもあったが、多くの場合は「小岩・市川関所」と記され、対岸の二村が一対で一つの関所として定められていた。そして、分担して関所に纏わる役割を果たしていた。幕府の役人が旅人を調べた建物は小岩側にあったので、市川村は緊急事態の時に駆けつけて助ける役割を担い、名主の能勢家が取り調べをする役人を補佐した。

また、江戸時代を通じて、江戸川には橋が架けられなかったので、関所を通り、水戸・佐倉道を往来する人々のために、市川村では2〜3艘の船を用意し、川端に番小屋を建て、20人前後の船頭や人夫を雇っていた。そのため「御関所附渡船之村方(おせきしょつきとせんのむらかた)」とも呼ばれた。慶応から明治へと時代が変わった時、旧幕府軍と新政府軍の激しい戦いの舞台となり、明治2年(1869)に関所廃止令が出されて、その使命を終えてもなお、明治38年(1905)に江戸川橋が架けられるまで、渡船の運行は続けられた。しかし、度重なる江戸川の護岸工事で、関所の建物や渡船場の正確な位置は、今日不明となっている。平成16年(2004)7月  市川市


20. 御番所町の慈恩寺道石造道標 ごばんしょまちのじおんじみちせきぞうどうひょう 13:47着発

〔 御番所町の慈恩寺道石造道標 〕  江戸川区登録有形文化財・歴史資料  昭和58年(1983)登録
江戸時代、庶民の間には霊場崇拝の風習が盛んになりました。坂東三十三観音もその一つで、埼玉県岩槻市の古刹・慈恩寺は、十二番札所として関東各地から参詣人を集めていました。この辺りは、昔、御番所町と云われたところで、この先にある江戸川河川敷には、小岩市川の関所がありました。この道標は佐倉道と元佐倉道の合流点にあって、対岸の市川から江戸川を渡って小岩市川の関所を通ると、道筋のほぼ正面に見えたと思われます。銘文は安永4年(1775)に建てられたもので、岩附・江戸・市川の三方向を示しています。平成15年(2003)2月  江戸川区教育委員会
Map : 北小岩3-23-7

 
正面
 
右面
 
左面
銘文
右せんじゆ岩附志おんじ道
左り江戸本所ミち
左り  いち川ミち
小岩御番所町世話人忠兵衛
右  いち川みち
安永四乙未年八月吉日
北八丁堀  石工  かつさや加右衛門
探し歩いてみれば、申し訳程度の敷地を得て保存されていた「御番所町の慈恩寺道石造道標」ですが、H:134cm、W:30cm、D:25cm もある大きめの道標で、安永4年(1775)に建てられたものなの。この道標にも「右せんじゆ岩附志おんじ道」とあるように、当時は房総方面から岩槻にある慈恩寺への札所めぐりがかなり盛んだったことが分かるの。ルートとしては、ここで佐倉街道を右折して小岩田村から岩槻道へ出たそうよ。江戸川に架かる市川橋から仮に車を走らせたとすると、慈恩寺までは40km程の走行距離になるのですが、当時と今ではインフラが大きく異なるので単純計算は出来ないのですが、当時はどれ位の時間を要していたのかしらね。それだけの距離を自らの足で歩いてしまう−と云うのも、また驚嘆に値するけど。(^^;

21. 御番所町跡 ごばんしょまちあと 13:49着 13:50発

〔 御番所町跡 〕  江戸川区登録史跡 北野神社〜蔵前橋通り(道路部分)
ここは旧伊予田村に属し、佐倉道と元佐倉道の合流するところで、南北に走る岩槻道にも接する交通の要衝でした。小岩市川の渡しが定船場となり、御番所(関所)が置かれたことから御番所町と称したと思われます。江戸時代後期の地誌【新編武蔵風土記稿】の伊予田村の頃にも、関所は「新町内江戸川の傍にあり ここを御番所町とも云」と書かれています。御番所町は、【徳川実紀】延宝2年(1674)の記事にある佐倉道(元佐倉道)の小岩の駅(宿場)に当たるものと考えられます。
Map : 北小岩3-24-9

現在も残る角屋旅館の他、筑前屋、清水屋などの旅籠屋を兼ねた小料理屋を始め、井熊鮨、あめ屋、豆腐屋、ぬか屋、掛茶屋などが並んでいたと伝えられます。東西道の江戸川に突き当たる付近が関所跡で、関所から来ると正面左に大きな道標が望めました。道標は今も原位置にあり、道路の様子も旧状を留めています。その他にも、江戸川畔にあった常燈明(宝林寺内)や関所役人・中根家の墓(本蔵寺墓地)など、当時に縁のある旧跡が良く残っています。江戸川区教育委員会

【風土記稿】の伊予田村の頃には、関所が「新町内江戸川の傍にあり ここを御番所町とも云」と記されているように、御番所町は関所前の界隈のことを云ったもので、関所が御番所とも呼ばれたことからの命名ね。紹介した案内板には「現在も残る角屋旅館云々」の記述があるのですが、案内板が建てられたのがいつのことかなのかは分かりませんが、既に廃業していて、現在は普通の民家に建て替えられているの。案内板の背後がそのお家よ。角屋旅館に限らず、軒を連ねて賑わいを見せていたであろう商家も今ではその名残りを留めることなく姿を消してしまい、残念ながら、嘗ての宿場町の面影はどこにも無いの。

22. 伊予田北野神社 いよだきたのじんじゃ 13:51着 14:01発

Map : 北小岩3-23-3

〔 北野神社 〕  旧伊予田村( 現・北小岩3・4丁目 )の鎮守です。江戸時代には、この地にあった稲荷神社と、北方の北野神社が明治42年(1909)に合祀され、今の北野神社となりました。昭和39年(1964)には一里塚近くにあった須賀神社を合祀し、そこで行われていた茅の輪くぐりをここで行うようになりました。祭神には稲荷神社の倉稲魂命(うかのみたまのみこと)と北野神社の菅原道真、それに須賀神社の素戔嗚尊(すさのおのみこと)を加えた三柱を祀ってあります。平成6年(1994)3月  江戸川区教育委員会
■ 茅の輪くぐり  江戸川区指定無形民俗文化財
直径3mに及ぶ大きな茅の輪を作って境内に立て、氏子達が家族の氏名や年齢を書いた人形(ひとがた)を持って茅の輪をくぐり、無病息災を願う夏(な)越しの行事です。毎年6月25日の例祭日に行われます。茅の輪くぐりが終わると大祓いの式を行い、昔は人形を江戸川に流しました。素戔嗚尊が茅の輪で流行病を防ぐことを村人に教えたという故事による行事です。

嘗ては稲荷大明神天満宮の扁額を掲げ、倉稲魂命と天神さまこと菅原道真の二柱が祀られていたの。元々鎮座していたと云う稲荷社の創建年代は不詳ですが、社殿背後左手に建つ水神宮の石祠には「寛政八辰年(1796)正月二日 御番所町、伊予田村」の銘があるので、少なくともそれ以前には稲荷社が建てられていたのでしょうね。昭和39年(1964)には後程訪ねる一里塚跡にあった須賀神社を合祀しているの。江戸川区の指定無形民俗文化財となる茅の輪くぐりですが、元々はその須賀神社で行われていたもので、夏越の大祓(なごしのおおはらえ)の行事の一つだったの。

茅の輪くぐりは、流行病などの病魔を退散させ、今迄に犯した罪や穢れを人形(ひとがた)に乗せて無病息災を願う神事なの。当社でも嘗ては実際に人形を江戸川に流していたそうよ。茅の輪くぐりは他の神社でも行うところがありますので、見掛けたことがある方もいらっしゃるかも知れませんが、江戸川区ではこの北野神社だけになってしまったの。その茅の輪くぐりですが、須賀神社の祭神でもある素戔鳴尊が、蘇民将来に茅の輪で流行病を防ぐことを教えたと云う神話に基づく神事なの。長くなり序でに (^^; 紹介してみますのでお付き合い下さいね。【備後国風土記】逸文には次のようなお話が載るの。

備後の國の風土記に曰はく、疫隈の國つ社。昔、北の海に坐しし武塔の神、南の海の神の女子をよばひに出でまししに、日暮れぬ。彼の所に將來二人ありき。兄の蘇民將來は甚く貧窮しく、弟の將來は冨饒みて、屋倉一百ありき。爰に、武塔の神、宿處を借りたまふに、惜みて借さず、兄の蘇民將來、惜し奉りき。即ち、粟柄以ちて座と爲し、粟飯等を以ちて饗へ奉りき。爰に畢へて出でませる後に、年を經て八柱のみ子を率て還り來て詔りたまひしく、「我、將來に報答爲む。汝が子孫其の家にありや」と問ひ給ひき。蘇民將來、答へて申ししく、「己が女子と斯の婦と侍ふ」と申しき。即ち詔りたまひしく、「茅の輪を以ちて、腰の上に着けしめよ」とのりたまひき。詔の隨に着けしむるに、即夜に蘇民の女子一人を置きて、皆悉に殺し滅ぼしてき。即ち、詔りたまひしく、「吾は速須佐雄の神なり。後の世に疫氣あらば、汝、蘇民將來の子孫と云ひて、茅の輪を以ちて腰に着けたる人は免れなむ」と詔りたまひき。

きびのみちのしりのくにのふどきにいはく、えのくまのくにつやしろ。むかし、きたのうみにいまししむたふのかみ、みなみのうみのかみのむすめをよばひにいでまししに、ひくれぬ。そのところにしゃうらいふたりありき。あにのそみんしゃうらいはいたくまづしく、おとうとのしゃうらいはとみて、いへくらももありき。ここに、むたふのかみ、やどりをかりたまふに、おしみてかさず、あにのそみんしゃうらい、かしまつりき。すなはち、あはがらをもちてみましとなし、あはいひどもをもちてみあへまつりき。ここにをへていでませるのちに、としをへて、やはしらのみこをゐてかへりきてのりたまひしく、「われ、しゃうらいにむくひせむ。いましがうみのこそのいへにありや」ととひたまひき。そみんしゃうらい、こたへてまをししく、「おのがむすめとこのめとさもらふ」とまうしき。すなわちのりたまひしく、「ちのわをもちて、こしのうへにつけしめよ」とのりたまひき。みことのりのまにまにつけしむるに、そのよにそみんのむすめひとりをおきて、ことごとにころしほろぼしてき。すなはち、のりたまひしく、「あははやすさのをのかみなり。のちのよにえやみあらば、いまし、そみんしゃうらいのうみのこといひて、ちのわをもちてこしにつけたるひとはまぬがれなむ」とのりたまひき。

瑞垣の前には力石が三つ並んでいたの。説明には「江戸時代から昭和の初期まで多くの集落で行われていたのが力石を用いての力較べである。本力石は日本一の力持ちと云われた三ノ宮卯之助(1807-54)が持ち上げたとされる、東京で唯一現存する力石で、卯之助の名前と、38貫目と印されている」とありましたが、38貫≒143Kgですので、卯之助が持ち上げたとするには少し軽すぎるような気がするわね。甲和亭の項で触れましたが、区内には90貫と刻む力石が存在するの。話半分だとしても38貫を軽く凌駕してしまいますが、当時の伊与田村には卯之助に対抗出来るような力持ちもいなかったので、小手調べに軽い気持ちでヒョイと持ち上げてみたのかも知れないわね。(^^;

23. 寶林寺 ほうりんじ 14:04着 14:15発

Map : 北小岩3-23-11

〔 寶林寺 〕  真言宗豊山派に属し、愛宕山地蔵院と号します。元は千葉県国分(市川市)の金光明寺の末です。起立は文秀法印〔 慶長12年(1607)没 〕で、本尊は不動明王です。本堂前には常燈明が、墓地には旧伊豫田村(現在の北小岩3丁目ほか)の開拓者・篠原伊豫の伝わる宝篋印塔があります。
■ 常燈明  江戸川区登録有形文化財・建造物  昭和56年(1981)登録
元は小岩市川の渡し場に建てられていました。昭和9年(1934)に河川改修のため、ここに移されました。この渡しは江戸時代には成田詣での人達で賑わいました。この常燈明は千住総講中の人達に依って天保10年(1839)に建てられました。灯籠の高さ2m、台石は五段に組まれていて、高さは1.82mあります。
■ 寶林寺所在の地蔵菩薩像庚申塔  江戸川区登録有形民俗文化財・民俗資料  昭和59年(1984)登録
参道入口に他の石仏群と共に祀られています。舟型で地蔵菩薩立像は半肉彫、左手に宝珠、右手に錫杖を持っています。像高は144cm、寛文10年(1670)に建てられました。平成18年(2006)1月  江戸川区教育委員会

現在でも初詣などの際には関東随一の参詣客を数える成田山新勝寺ですが、成田詣は江戸時代の元禄期に江戸・深川で出開帳されたのを機に盛んとなり、多くの信者や参詣客を集めるようになったの。この常燈明は元々は小岩の渡し場に建てられていたもので、台石には世話人をはじめ、千住総講中の人達の名が多く刻まれていますが、旅の道中の無事や航路安全を祈願して建てられたものなの。加えて、闇を照らす燈明は神仏の智慧に例えられ、常夜燈を道標や航路の目印代わりに建てることは神仏に「不断の燈明」を献ずることになり、神仏に対して大きな功徳を積むことでもあったの。単に旅人の往来を安らかたらしめんとして建てたのではなくて、背景には確たる信仰心があってのお話しと云うわけ。

門前左手には六地蔵などの石仏群が並び立ちますが、左から二番目に立つ舟形の石仏が江戸川区の登録有形民俗文化財になる地蔵菩薩庚申塔になるの。それらの石仏群の前を通り、奥に進むと墓地があるのですが、左手奥に篠原伊豫のものとされるお墓が建てられているの。

〔 篠原伊豫の墓 〕  篠原伊豫はこの附近の開拓者で、その名をとってこの附近は伊豫田村と称せられていた。伊豫は元里見氏の家老で、安西伊豫守実元(あんざいいよのかみさねもと)と云い、永禄7年(1564)の国府台の合戦で里見義弘に従って北条氏康と戦い、敗れて上総の国に逃れた。後、故あって主家を去り、晩年、篠原姓を称してこの地に入植した。号を道高と云い、慶長4年(1599)4月死歿、法名は浄徳。江戸川べりの小岩市川渡の南方に「道高耕地」を拓いた人である。入植は定かではないが、天正18年(1590)小田原城落城後と推定される。この宝篋印塔は、伊豫の功績を讃えて承応3年(1654)里人の建立に関わるものと考えられる。子孫は葛西長島村に移り、西野姓を称して開拓にあたった。昭和48年(1973)3月設置  平成18年(2006)1月改修  江戸川区教育委員会

墓前に建てられた二本の石柱にはそれぞれ「伊豫田草分之開祖伊豫殿之碑」と「昭和八年六月十三日、乃至法界平等利益、寶林寺住職檀信徒一同合掌」と刻まれ、宝篋印塔の正面には「道高禪定門 爲也 頓證菩提 承應三年(1654) 甲子四月廿八日」と刻まれているの。【風土記稿】には「伊豫田村は、江戸の行程用水前に同し、慶長十五年伊豫と云もの開發せし故、伊豫新田と号せしを、元祿十年酒井河内守檢地の時より今の如き村名となれり、此伊豫の事は土人ただ伊豫殿と傳へて尊敬するさまなれど、其事跡は絶て傳へず、然るに長島村に舊家久左衛門と云ふものあり、彼れが傳に、先祖篠原伊豫は里見安房守義弘に仕へし士にて、伊豫田村を開墾せしは則この伊豫なりと云 今伊豫の墳墓は村内寶林寺の境内にあり、其開きし地なるゆへここに葬りしものなるべし、當村もと小岩村にはらまりたる原野なりしを、開墾してより別に一村の名をなせり」と記されているの。

里見家の家老職まで務めた篠原伊豫(安西伊予守実元)ですが、安西氏は元々は安房国の在地豪族で、平郡の郡主を務め、代々伊予守を継ぐ家柄でもあったの。主君の里見義弘の歿後は転農して篠原姓を名乗り、新田開発に従事したの。何故篠原姓に替えたのかも気になりますが、問題なのは伊豫の歿年で、彼が永禄7年(1564)の国府台合戦に参戦していたとすると、塔身に刻まれる承應3年(1654)没と云うのは年齢的にも無理が生じてしまうの。東葛西に在住される伊豫の子孫、西野正一氏宅に伝えられる「西野三左衛門家の系図」には「慶長四年(1599)4月2日、淨徳居士、淨徳者房州之大主里見家の重臣にて、安西氏伊豫守也。後民間に降て系圖は下總八幡國分寺に納むと云ふ。葛飾郡市川に於いて伊豫新田を開發す。今の伊豫田村是也。故に其地法輪寺(寶林寺)に葬す」と記されていて、慶長4年(1599)を歿年とするのが妥当とされているみたいね。そうなると、伊豫の墓とされるこの宝篋印塔は何なのよ?と云うことになりますが、後世に建てられた供養塔で、承応3年(1654)の銘は建立の年と考えられているようね。

伊豫が開いたという伊予新田ですが、今の京成江戸川駅や市川橋付近の一帯にあたり、元々は江戸川の寄洲(よりす)だったものを開拓したものなの。寄洲とは土砂が川の流れで寄せられて出来た州のことで、そのために毎年のように洪水や長雨の被害を蒙り、新田開発したと云ってもそう容易いことではなかったようよ。増水時の河水の流入を防ぐ霞堤(かすみてい)なども造られたのですが、堤を超える洪水や決壊した場合などは排水の便が無いことから自然に干上がるのを待つのみと云う状態にあったの。明治18年(1885)の梅雨の際の出水時には「地水渋滞して一円湖の如く畑は尺余田は四尺有余の冠水依然として七月下旬に至るも減少せず‥恰も盥に水を注入したる如く」となり、少しのことでも忽ち悲惨な状態になったようよ。今ある河川敷の景観からは凡そ想像出来ないことですが、穏やかに見える風景の足許には、当時を生きた人々の多くの汗と涙が眠っているの。

24. 本蔵寺 ほんぞうじ 14:17着 14:22発

〔 本蔵寺 〕  当寺は、元和8年(1622)浅草新寺町に起立され、京都妙顕寺開基龍華樹院日像菩薩の「像」の一字を以て大雄山本像寺と称し、妙顕寺の末でした。延享2年(1745)の同寺【略縁起】は、加賀中納言前田利光の母・寿福院尼が一寺を草創したのが始まりと伝えています。明治43年(1910)に下総真間弘法寺末の晴立寺と合併し、晴立山本蔵寺となり、晴立寺のあった現在地に移転しました。晴立寺は小岩市川関所役人を代々務めた中根氏の館の跡と云われ、菩提寺と伝えられています。現墓地には、中根平左衛門家の代々合葬墓があります。
■  木造日朗・日像聖人坐像  江戸川区指定有形文化財
Map : 北小岩3-22-19

日朗は宗祖日蓮の高弟で、日蓮宗池上門流の祖として知られています。寛元3年(1245)、下総国平賀(千葉県松戸)に生まれ、日蓮聖人佐渡配流中も鎌倉にあって教えを広め、池上に法華堂(現・本門寺)を始めとする諸寺を創建し、元応2年(1320)入寂、76歳でした。日像は日朗の末弟で、文永6年(1269)、下総国平賀に生まれ、7歳で身延山にて日蓮聖人に給仕しました。聖人滅後は、兄の日朗に師事し、後に日蓮上人の遺志を戴し、京都で法華経を広め、妙顕寺を拠点とする京都日蓮宗の基礎を築いたと云われています。享年74歳でした。この両聖人の坐像は京都妙顕寺の旧蔵品であり、天保6年(1835)に妙顕寺より下賜されたものと伝えられています。

寛永19年(1642)に彩色補修が加えられ、妙顕寺13世日饒、14世日豊の署名と花押も残っています。室町期の制作と考えられる秀作で、両像とも35cmの小さな坐像ですが、写実性に富み、高僧の面影が良く偲ばれます。平成12年(2000)9月  江戸川区教育委員会

説明にある開創縁起は本像寺側からみたものですが、現在地に元々あったと云う晴立寺はどのような経緯から創建されたのか気になるところよね。But 残念ながら【風土記稿】にも「法華宗 下総國葛飾郡眞間村弘法寺末 頂榮山と号す 本尊三寶祖師を安す 正保4年(1647)弘法寺12世日晴の起立なり 故に此僧を開山とす 寂年詳ならず」とあるのみで、詳しいことは分からず終い。

本堂の右手にある墓地には御覧の中根平左衛門代々の合葬墓があるの。【風土記稿】には「先祖中根平左衛門は臺徳院殿(秀忠)御代に川除御普請役を勤めしが、寛永中當御関所番に轉じ、今八代に及べり」とあるの。因みに、初代の平左衛門は万治2年(1659)に没しているの。

ここで気になることを見つけたの。【風土記稿】は日晴の寂年を不詳と誌しますが、 真間山弘法寺 には第12世日晴は明暦元年(1655)の示寂とあるの。加えて、日晴ではなくて日靖とあるのですが、それはさておき、お話しを続けるわね。冒頭に紹介した案内板の説明では、晴立寺は中根氏の館跡で菩提寺と伝えられている−とあるのですが、それだと時間軸に矛盾があるような。と云うのも、初代平左衛門の歿年が万治2年(1659)であるなら、平左衛門の存命中に既に晴立寺が創建されていたことになり、他方で、開山の日晴は既に没していたことになってしまうの。このマトリクスをどう解きほぐしたらいいのかしらね。これは全くの余談ですが、先程「日晴ではなくて日靖とある」と申し上げましたが、日靖だとすると、寺号の晴立寺も妙に納得出来てしまうような雰囲気よね。日靖の二文字を分解して並び替えると ‥‥‥ (^^; ちょっと考えすぎかしら。

25. 一里塚跡 いちりづかあと 14:27着 14:32発

Map : 東小岩6-36-1

〔 小岩の一里塚 〕  一里塚とは、江戸時代の街道付属施設の一つで、江戸日本橋を起点に一里( 約4Km )毎に、道の両側に築造され、榎を植えるのが定型になっていました。小岩の一里塚は、総武線のガードの南側で千葉街道沿い、岩槻街道との分岐点にありました。昔は小高い丘になっていて、須賀神社の小祠もあって、昔日の一里塚の名残りを留めていました。【葛西誌】には「此辺の一里塚も慶長年中(1596-1614)、本多佐太夫・永田弥右衛門・太田勝兵衛等が奉行して築きしなるべし」と記されています。昭和39年(1964)6月頃、須賀神社は北野神社(北小岩3-23-3)に合祀され、一里塚の跡には民家が建ち、全くその姿を失いました。今では、バスの停留所名にその名を留めています。昭和53年(1978)7月設置  平成17年(2005)3月改訂  江戸川区教育委員会

〔 小岩保健所前ポケットパーク 〕  昔、この先の千葉街道沿いに一里塚がありました。一里塚は当時、街道を往来する人々の道標であると共に、旅の疲れを癒やした所でした。区では、現代の一里塚とも云えるポケットパークの整備を進めています。この場所が、地域の人々のふれあいの場として、末永く利用されることを願っています。平成2年(1990)3月  江戸川区

一里塚の面影はなくとも何かしらの痕跡があるのではないかしら−と淡い期待をしていたのですが、「一里塚」とある交差点で辺りを見廻してみたところで、ものの見事に何もないの。案内板には「バスの停留所名にその名を留めています」とありましたので、そのバス停でも撮しておこうかしら−と停留所に立ったときに見つけたのがポケットパークだったの。一里塚が跡形もなくなってしまったのは残念ですが、意外にやるじゃないの、江戸川区−よね。次の目的地・善養寺へは篠崎街道を一端離れ、ポケットパークから続く小径を辿り、江戸川に出て堰堤上の道を歩いてみたの。車道では無いので、車の往来を気にせずに歩けるし、眺めも良いのでお薦めよ。

26. 善養寺 ぜんようじ 14:44着 15:28発

善養寺は真言宗豊山派で星住山地蔵院と号します。室町時代の大永7年(1527)、山城(京都)醍醐山の頼澄法印が霊夢のお告げによって小岩の地を訪れ、堂宇を建立したのが始まりと伝えられています。しかし、永正6年(1509)の柴屋軒宗長「東路のつと」に当寺の記事※があることから、寺の草創は寺伝よりも遡るものと考えられます。慶安元年(1648)、徳川家から寺領10石の御朱印を受けた名刹で、現在の本尊地蔵菩薩は江戸時代の作です。境内に不動堂があり、「小岩不動尊」とも呼ばれています。
■  影向のマツ
国指定天然記念物  平成23年(2011)指定  江戸川区登録天然記念物  昭和56年(1981)登録
Map : 東小岩2-24-2

東西の枝の長さ約31m、南北28mに及ぶこの巨大な松は樹齢600年と推定され、繁茂面積では日本一を競います。影向とは神仏が姿を顕すと云う意味です。
■  天明三年浅間山噴火横死者供養碑
東京都指定有形文化財  昭和48年(1973)指定  江戸川区登録有形文化財  昭和56年(1981)登録
天明3年(1783)に起った信州浅間山噴火の犠牲者が当地先の江戸川へ流れつき、当寺に葬られました。この碑は十三回忌にあたる寛政7年(1795)に地元の人々によって建てられました。
■  小岩不動尊逆井道向石造道標  江戸川区登録有形文化財  昭和58年(1983)登録
■  小岩不動尊市川道向石造道標  江戸川区登録有形文化財  昭和58年(1983)登録
2基とも当寺への道を示す道標です。平成23年(2011)11月  江戸川区教育委員会

※連歌師宗長(柴屋軒宗長)の【東路の津登】には「旅宿の慰めとりどりにして翌日市川と云ふ渡の折ふし、雪風吹てしばし休らふ間に、向ひの里に言あはする人有て、馬ども乘もてきて、頓て舟渡りして、蘆の枯葉の雪打拂ひ、 善養寺 と云ふに落着ぬ。面白かりし朝なるべし。此處は炭薪などもまれにして、蘆を折たき豆腐をやきて一盃を勸めしは、都の柳もいかで及ぶべからんとぞ。興に入侍りし云々」とあるの。

現在は護国寺(東京)を大本山とし、奈良の長谷寺を総本山とする善養寺。山号の星住山は、後程紹介しますが、星降り松の伝説によるもので、院号の地蔵院は本尊の地蔵菩薩に由来するの。中興は第9世賢融法印〔 慶安4年(1651)遷化 〕で、慶安元年(1648)には徳川家光から寺領10石の御朱印を受け、盛時には末寺130余ヶ寺を数えるなど隆盛したの。不動門をくぐり抜けると先ず最初に境内の広さに驚かされますが、それもそのハズ、現在でも12,000m²もあるのだとか。伽藍の構成にしても今回の史蹟めぐりの中ではダントツの一位で、名刹が故に、数多くの寺宝も伝えられているの。加えて、星降り松・影向の石・むじな磬※など、数多くの伝説も語り継がれているの。全部は無理ですが、幾つか紹介していきますのでお楽しみ下さいね。それでは、改めて境内を御案内していきますね。西門側から入ると正面に不動門が建ちますが、参道脇には浅間山噴火横死者供養碑や「傘の碑」があるの。※磬:読経の際に使う打楽器

〔 天明三年浅間山噴火横死者供養碑 〕
東京都指定有形文化財  昭和48年(1973)指定  江戸川区登録有形文化財  昭和56年(1981)登録
天明3年(1783)7月、浅間山(長野県)の大噴火がありました。関東一帯に火山灰が降り、山麓では山津波が起こり、多くの人家が押し流されました。多数の犠牲者の遺体が利根川や江戸川を流れ下り、この付近の中洲にも流れ着きました。地元の下小岩村の人々は、遺体を収容し、手厚く寺内の無縁墓地に埋葬しました。寛政7年(1795)の7月に十三回忌を営み、この供養碑を建て、その霊を弔いました。この供養碑は、昭和30年(1955)頃から行方不明になっていましたが、昭和47年(1972)に寺内で発見され、ここに再建されました。平成24年(2012)3月  江戸川区教育委員会

碑面には「前癸卯信州淺間山水火涌出流緇素洪河日徃 轉増爛月來更自黛白蠕孔裏蠢青蠅骶上飛 欲尋昔日愛一悲一可愧今歳寛政乙卯七月 十三回佛陀妙慧慈雲霑法雨無上菩提純淨也」と刻まれ、台座には「下小岩村中」とあるのですが、発生した山津波による犠牲者の数は想像を超え、その遺体は利根川や江戸川に満ちあふれ、小岩にあった毘沙門州と呼ばれる中州にも多く流れ着き、船の往来にも支障を来す程だったと伝えられているの。関東一円に未曾有の災禍をもたらした浅間山の大噴火ですが、【徳川実記】には次のように記されているの。徒に恐怖心を煽る積もりは毛頭ありませんが、自然はいつまた牙をむくとも限らず、災害に備えた心積もりだけは忘れてはいけないわね。

六日、この夜更たけて最北の方鳴動すること雷の如し。
七日、此日天色ほの暗くして風吹き砂を降すこと甚し。午の刻過ぐる頃風漸々鎮まり、砂降ることも少しく止みぬ。黄昏よりまた震動し、よもすがら止まず。
八日、この日鳴動ますます甚しく、砂礫を降らす、大さ粟の如し。これは信濃国浅間山このほど燃え上りて、砂礫を飛ばすこと夥しきを以て、かく府内まで及びしとぞ聞えし。世に伝ふるところは、今年春の頃より此山頻りに煙立しが六月の末つかたより漸く甚しく、この月六日夜忽震動して其山燃上り、焔燼天を焦がし、砂礫を飛し、大石を逆すること夥し。また、山の東方崩頽して泥濘を流出し、田畑を埋む。依りて信濃上野両国の人民流亡し、あまつさえ石に打たれ、砂に埋もれ死するもの二万余人、牛馬はその数を知らず、凡そこの災に罹りし地四十里余に及ぶと云ふ。

〔 史跡・傘の碑 〕  小岩、特に下小岩入谷( 現・東小岩2 & 4丁目 )付近は、嘗ては和傘づくりが盛んに行われ、その販路は全国に及んでいた。小岩で傘が作られるようになったのは、一説では里見方の落武者が、此の地で傘張りで生計をたてたのが始まりと云われるが、実際に広まったのは江戸時代で、青山付近に住む小禄の御家人が内職として傘細工を行っていたものを、小岩の村人がそれに師事して技術を習得し、農閑期に副業としてとり入れたのが最初のように思われる。その後、明治後期より大正末期が最盛期で、小岩の傘は「東京の地張傘」と称され、特に蛇の目は高級品であった。この碑はこれら地張り組合員の中で、特に業界に功績のあった、川野竹松氏を讃えるために、昭和5年(1930)3月に建立されたものである。昭和53年(1978)7月  江戸川区教育委員会

〔 横綱山 〕  昭和55年(1980)9月7日、この庭で行われた子供相撲大会に、小岩出身の名横綱・栃錦関(春日野理事長)が一門の、栃赤城、舛田山、栃光らの関取衆を連れて参加されました。それから平成2年(1990)まで春日野さんは毎年9月の大会にお出になり、後輩達を励まして下さいました。この山は、その土俵の土で作った山です。郷土の先輩大横綱の励ましに答えて頑張りましょう。
上って下りて又のぼり 足腰きたえて 元気な子 子供相撲主宰団体  入谷友交会

影向の松については後程たっぷりと紹介しますが、横綱山の上から眺め見たときの景観も素敵よ。
お出掛けの際には、忘れずに登ってみて下さいね。

石碑群 大師堂 弘法大師像 四国遍路道

〔 小岩不動尊逆井道向石造道標 〕  H:151cm・W:31cm・D:22cm
正面:小岩不動尊 是より南江三丁 逆井道江通りぬけ
左面:星住山 善養寺
〔 小岩不動尊市川道向石造道標 〕  H:167cm・W:32cm・D:23cm
正面:小岩不動尊 是より右三丁入 市川江通りぬけ
右面:星住山 善養寺

二基は共に、昭和58年(1983)に江戸川区の登録有形文化財になっているのですが
元々は善養寺の小岩不動尊への道標として、ここではなくて、しかるべき場所に建てられていたものみたいね。

〔 霊地宝塔 〕  お釈迦さまの霊地宝塔です。
誕生の地 ‥‥‥‥‥‥ ルンビーニ
悟りを開かれた ‥‥‥ ブッダガヤ
教えを説かれた ‥‥‥ 霊鷲山(りょうじゅせん)
亡くなられた地 ‥‥‥ クシナガラ
など、印度のお釈迦さまの八大聖地の土が塔の廻りに納められています。
お砂踏(塔の廻りの四角の窪みを右回りに踏んで廻る)をしてお詣りして下さい。

惟うに、印度四大聖地及び四大佛蹟地の聖土を収蔵したるこの種宝塔の建立は、古今にわたり史実なく、この塔を以て嚆矢とする。蓋し捧持者たる江戸川区小松川在住野口辰五郎氏の聖志によるものと雖も、祖信徒総代会議員及び住職各位の真摯なる努力、並びに本行事の立案推進、運営の衝に当れる当支所役員不眠の努力による結晶たるを疑はず。昭和33年(1958)4月8日開眼法要はらん漫たる桜花のもと、5,000有余の老若男女、印度大使、東京都知事等参列のもと、豊山派管長猊下導師により行はる。誠に盛儀と云うべし。茲に宝塔建立に当り附言して永久の記念とす。昭和33年(1958)4月8日

〔 星降りの松 〕  むか〜し、昔のお話しじゃけんども。善養寺の賢融和尚が虚空蔵求聞持法の修行をしているときのことじゃったそうな。突然、空から星が降って来たかと思うと、境内にある松の木の枝に留まって、キラキラと燦めいたそうじゃ。それを見た村人達は驚きのあまり、思わず星を仰ぎ、皆して手を合わせて拝んだそうじゃ。それからと云うもの、その松のことを星降りの松と呼ぶようになってのお、お寺の山号も星住山と号するようになったと云うことじゃ。その星降りの松に留まっておったと云う星じゃが、その後、それぞれ青・赤・黄色に光輝く石となったそうじゃ。 第二世星降マツ植付記念碑

じゃけんども、その内の二つはいつしか無うなってしまってのお、今は青色の石のみが残っておると云うことじゃ。ほんに、不思議なことじゃのお。とんと、むか〜し、昔のお話しじゃけんども。

その星降りの松ですが、樹齢は定かではありませんが、樹高30mにも及ぶ大きな松の樹で、嘗ては天然記念物に指定されていたの。But 残念ながら昭和15年(1940)に枯死してしまい、今ある星降りの松は二代目なの。ところで、虚空蔵求聞持法とやらが気になりますよね。虚空蔵とあることからお分かりのように、虚空蔵菩薩に対する信仰がベースになっているの。
星降りの松

ちょっと乱暴な云い方をすれば、虚空とは総てを包含した大宇宙のことで、それを蔵しているのですから、虚空蔵菩薩は正に大宇宙を象徴する仏さま。その功徳もまた広大無辺で、虚空蔵菩薩を拝すれば総ての仏さまを拝んだことになるとも云われているの。中でも、虚空蔵菩薩が信仰を集めた最大の御利益は智慧と記憶なの。とりわけ、虚空蔵求聞持法を修すれば広大無辺の智慧と、抜群の記憶力を授かることが出来るとされているの。空から降ってきた星は、まさに大宇宙から賢融和尚の許に届けられた広大無辺の智慧と、抜群の記憶力だったのかも知れないわね。 星降りの松

ここでちょっと皮肉を込めた論評を見つけたので紹介しますね。明治大正期に活躍した文人の大町桂月は紀行文【東京遊行記】の中で「今より二百三四十年前、この立てる松に下り、光ること通夜、終に落ちて石となれり。その石、今寺に蔵す。これ当時の住持・賢融の高徳の至す所なりなど、石碑にしるす。如何に徳が高ければとて、星までとりつかれては閉口なり。それでも、松に落ちたるがまだ仕合せ也。もしなほ一層徳が高くして、賢融の頭上に落ちなば忽ち即死すべし」(^^; とあるの。

本堂前の右手には影向の松に護られるようにして小岩不動尊の名で知られる朱塗りの不動堂があるの。寺伝に依ると、室町時代の大永7年(1527)に、霊夢に依りお告げを受けた山城醍醐寺の住僧・頼澄法印が、一山の霊宝とされる毘首葛摩(びしゅかつま)が制作した不動明王像を奉持して当地に下向し、一宇を建立したのが始まりであるとされているの。堂内にはその毘首葛摩作と伝えられる、高さ1.2mほどの不動明王像が安置されていると云うのですが、残念ながら非公開のため御尊顔を拝することなく不動堂の参詣を終えています。 不動堂

毘首葛摩は、古代インド神話に登場するヴィシュヴァカルマン visvakarman をルーツとする神さまで、元々はあらゆるものを造りだした神さまとされ、仏教に習合されると帝釈天の眷属となったの。巧妙天、種々工巧とも漢訳されることからお分かりのように、さまざまな道具や工芸品を司る神さまとなり、建築の神さまにもなったの。なので、毘首葛摩が不動尊像を彫ることは教義的にはあり得ることなのですが、実際の制作者かどうかとなると、別なお話しのようね。頼澄の下向にしても、最後はその不動明王に背負われて当地に至り来たみたいよ。(^^;

むか〜し、昔のお話しじゃけんども、今の京都にあたる山城国に醍醐寺と云う大きな寺があったんじゃが、頼澄法印と云う、それはそれは偉いお坊さんがおったんじゃが、ある夜のこと、夢の中に不動明王が現れ、「東国の地に危難罪障病魔悉く充満せり、我、彼の地に赴きて衆生済度をせむと欲す、しからば、汝、頼澄、我を奉じて速やかに彼の地に下向せよ」と告げられたそうじゃ。お坊さんは早速、一山の霊宝とされる毘首葛摩が造られたという不動尊像を背負うて一人旅立ったのじゃが、何分にも高齢であったのに加えて、旅の疲れもあり、下向途中の山中で遂に気を喪い、その場に倒れてしまったそうじゃ。

ところが、不思議なことが起きてのお、お坊さんが気付いてみると、今迄自分が背負うていたハズの不動明王が、いつの間にかお坊さんを背負うていて、忽ちの内に東国の地に辿り着いてしまったそうじゃ。お坊さんは大層喜んでのお、その場所にお堂を建てると、背負うてきた不動尊像をお祀りしたそうじゃ。それからと云うもの、この辺りの土地の者は、疫病や飢饉などに苦しめられることものうなり、穏やかな暮らしが出来るようになったと云うことじゃ。その後も江戸川の氾濫や大地震など、幾度かの天変地異があったんじゃが、幸いにも大きな被害にならずに済んでのお、それもみな、不動明王の霊験に依るものだとされてのお、いつの頃からか小岩不動尊と呼ばれて崇められるようになったそうじゃ。とんと、むか〜し、昔のお話しじゃけんども。

密厳宝塔 密厳宝塔と本堂 本堂 お賓頭盧尊者

おびんずるさま 賓頭盧尊者像 −江戸時代−
この木像は善養寺の撫仏として親しまれ信仰されてきました。頭を撫でれば頭が良くなる、鼻を撫でれば美人になる、手を撫でれば器用になる−などのご利益を伝えています。ビンズール Pindola は、天竺(印度)十六羅漢(聖者)の筆頭羅漢で、南天竺摩利山に住み衆生救済を本誓としている尊者です。

本堂の石段を昇ると左手に全身を朱色に染めあげられたお賓頭盧尊者像があるの。お賓頭盧尊者はお釈迦さまの高弟でも十六羅漢の筆頭にあげられる賓度羅跋羅堕闍尊者(びんどらはらだしゃそんじゃ)と同一人物とされ、お釈迦さまの許で日々修行に邁進していたのですが、彼には一つだけ困ったことがあったの。それはお酒が大好きなこと。修行の妨げだと分かってはいても、お釈迦さまに隠れてこっそりとお酒を呑んでいたの。そんなある日のこと、お酒を飲んでいることがお釈迦さまに知られてしまい、大いに反省した尊者は以後の禁酒を誓ったの。そうしてしばらくはお酒を口にすることもなく修行に励む尊者だったのですが、元々お酒が大好きな尊者のこと、修行の合間に、ふと、お酒のことが脳裏を掠め、一口だけなら−と、ついお酒を口にしてしまったの。

そのことを知ったお釈迦さま、禁酒の誓いを破った尊者を精舎から追放してしまったの。その後猛省した尊者は以前にも増して修行に励むようになったのですが、お釈迦さまからは涅槃を許されず、お釈迦さまが入滅後の今も、本堂の外陣に鎮座して衆生を救済し続けていると云うわけ。他方で、修行の功あって神通力を得た尊者は、その神通力を以て多くの人々を病から救い、後に病気平癒の伝説を生むの。お賓頭盧尊者が撫仏としての信仰をあつめるのはその逸話に因むものなの。異説では神通力を見せびらかした科(とが)でお釈迦さまから涅槃に入ることを許されなかったとも云われているのですが、仮に、お賓頭盧尊者が涅槃に入っていたら独尊として祀られることはなかったかも知れないわね。因みに、お賓頭盧尊者の像が赤いのはお酒のせいだとも云われているの。本当の理由は他にあるのかも知れないけど、巷で云われているように飲酒のせいだとしたら持ち前の神通力がパワーダウンしていないか、ちょっと心配ね。(^^;

影向の松

〔 影向(ようごう)の松 〕
国指定天然記念物  平成23年(2011)指定  江戸川区登録天然記念物  昭和56年(1981)登録
推定樹齢600年余、主幹の樹高8m、根元付近の樹周約4.5mのクロマツです。地上2mの位置で四方に枝が伸び、東西方向約31m、南北方向約28mに及び、景観の秀麗さと併せて日本屈指の偉容を誇ります。大町桂月【東京遊行記】〔 明治39年(1906)〕に「山門の右に鐘楼あり。その前に一大老松の横に広がるものあり、凡そ十間四方に及ぶ。支柱百を以て数ふべし。これを影向の松と云ふ。立てる星降りの松に、坐れる影向の松を加へて、東京附近松の奇観は、この寺に尽きたり」とあります。
影向の松
Time 00:03.14

鏑木清方【新江東図説】〔 昭和12年(1937) 〕には「珍しいのは亭々として雲を凌ぐ星降りの松にも増して、その傍らに巨大な傘を差し掛けたような影向の松であろう」と書かれています。昭和56年(1981)、四国の岡野松と日本一を競い、当時の大相撲立行司・木村庄之助氏に依って東西の横綱に引き分けられました。その後、樹勢に衰えがみられましたが、平成14年(2002)度から平成23年(2011)夏までの樹勢回復事業に依り回復に向かっています。平成23年(2011)11月  江戸川区教育委員会

影向の松の景観や接近画像などをスライドに纏めてみましたので御笑覧下さいね。
御覧になりたい方は、上の画像をクリックしてみて下さいね。別窓を開きます。

説明にある岡野松は、嘗て香川県大川郡志度町(現・さぬき市)にある真覚寺に生育していたクロマツの巨木で、樹齢500年( 600年とも )と云われ、国内有数の松の巨木として知られていたの。その岡野松も病害虫の被害を受け、残念ながら、平成5年(1993)に枯死してしまったの。その岡野松ですが、嘗ては影向の松と共に日本一の座を争ったことがあるの。両者共に譲らず、その争いを見かねた木村庄之助氏(大相撲立行司)が仲裁に入り、「双方共に日本一につき、両者引き分け」と裁いたの。一角には「日本名松番付 東京小岩影向の松 横綱に推挙する 昭和56年(1981)9月6日 春日野清隆」と刻まれた石碑がありましたが、当時、日本相撲協会の理事長を務めていた春日野親方もそれを支持、影向の松と岡野松の日本一論争に終止符が打たれたの。その岡野松が枯死してしまった今では影向の松がまさに日本一ね。その影向の松の根元には影向の石と呼ばれる石が置かれていましたが、石には不思議なお話しが語り継がれているの。

むか〜し、昔のお話しじゃけんども、泥棒が善養寺の境内にある不動堂に忍び込んで、大事な仏具などを風呂敷に包むとそれを背負うてお堂から逃げ出したそうじゃ。じゃがのお、ちょんど影向の松の根元まで来たときのことじゃった。根元にあった石にヒョイと片足を乗せたところ、石に足がくっついて離れなくなってしまったそうじゃ。すっかり慌ててしまった泥棒は、急いで足を石から離そうと力を入れてもがいてみたんじゃが、どうにもこうにもならんでのお、そこへ姿を現されたのがお不動さまじゃった。手にした三鈷の剣を泥棒の胸元に突きつけると、盗みを諫め、悪行をはたらかずに善行に務めるよう諭されたそうじゃ。さすがの泥棒もそれにはすっかり観念してのお、それまでの犯した罪を悔いて涙を流しながら許しを乞うたそうじゃ。すると不思議なことに、今迄離れなかった足がふっと石から離れたそうじゃ。今でも石にはへこんだところがあるんじゃが、それはそのときの泥棒の足跡だと云うことじゃ。とんと、むか〜し、昔のお話しじゃけんども。

善養寺の御案内の最後に、もう一つ、昔話を紹介しますね。
袖掛けの松と呼ばれる、ちょっと悲しいお話なのですが。

むか〜し、昔のことじゃけんども、一人の漁師が江戸川で舟を浮かべて釣りをしておったときのことじゃった。竿先に何か引っかかったので手許に手繰り寄せてみると、何と、それは若い娘の水死体じゃった。可哀想に思うた漁師は娘の亡骸を舟に引き上げると、善養寺にある無縁墓地に手厚く葬ってあげたと云うことじゃ。じゃがのお、そんなことがあってから、境内にある松の根元には娘の幽霊が出るようになってのお。それを知った賢融和尚は娘の幽霊に懇ろに尋ねてみたそうじゃ。すると娘は「私にも嫁入りの話が持ち上がり、一度は喜びもしたのですが、家が貧しくて嫁入り仕度も出来ず、悲しくなり川に身を投げてしまったのです」と答えたそうじゃ。それを聞いた和尚さんは、翌日の朝、直ぐに市中に向かうと一揃いの晴れ着を買うて来たそうじゃ。そうして娘の幽霊が出る松の木にその晴れ着を掛けてあげたそうじゃ。すると、その夜、娘の幽霊は一つの火の玉となってどこかへ消え去ってしまったということじゃ。その後、松の木の枝には白い小袖が残されていたそうじゃ。とんと、むか〜し、昔のお話しじゃけんども。

善養寺の参詣を終えたところで北に進路を取りましたが、南に少し足を延ばせば東養寺や萬福寺があるの。
後日、訪ねてみましたので、参考までに紹介しておきますね。


ex. 東養寺 とうようじ

Map : 東小岩2-5-9

残念ながら天保12年(1841)の類焼に依り古記録の類を焼失していることから詳しい縁起は分かず、【風土記稿】にも「新義眞言宗善養寺末 藥王山と號す 本尊藥師」とあるのみなの。寺伝に依ると、覚裔和尚が国府台の合戦で敗れた里見家の家老の持仏であった薬師如来像を本尊として一宇を建立したとされるの。現在は薬王山光明院と号する真言宗豊山派の寺院で、地元では親しみを込めて「入谷の薬師さま」の名でも呼ばれているの。境内の地蔵堂に祀られている延命地蔵尊は、元々はJR小岩駅前の通称・地蔵通りに祀られていたのですが、昭和38年(1963)に移設されてきたものだそうよ。「六道の能化の地蔵大菩薩 導き給え 此の世 後の世」  拝。

ex. 萬福寺 まんぷくじ

〔 萬福寺 〕  真言宗豊山派で五社山明寿院(ごしゃさんみょうじゅいん)と号し、天文5年(1536)宥唯(ゆうい)上人が開山しました。本尊は鎌倉時代に造られた木造阿弥陀如来立像で、寺宝として文政12年(1829)に政寛和尚が伝法灌頂を行った時の両界曼荼羅を所蔵しています。明治15年(1882)に区内で2番目の公立小学校「明物小学校」( 現・小岩小学校の前身 )が本堂を借りて開校したので区登録史跡となっています。小岩生まれで近代相撲の開祖と云われる第44代横綱栃錦の菩提寺でもあります。 Map : 東小岩2-2-4

■  法院中岳筆子塚・法院政寛筆子塚  共に区登録有形文化財
江戸時代、住職の中岳と政覚は寺子屋師匠として近村子弟の教育にあたりました。成長した筆子(弟子)が師匠の供養のために建てた筆子塚が山門の脇にあります。
■  立羽不角(たてばふかく)の墓  区登録史跡
立羽不覚(1662-1753)は江戸貞門派の俳諧師で、小岩の出身と云われます。
平成6年(1994)3月  江戸川区教育委員会

この萬福寺もまた天保12年(1841)の火災で古記録の類を焼失していることから委細不明なの。開創は天文5年(1536)に宥唯上人が開山したことに始まり、【風土記稿】には「新義眞言宗善養寺末 五社山と号す 本尊彌陀を安ず」とあるように、元は善養寺末の中本寺で、五社神明社( 現・小岩神社 )の別当を務めていたの。残念ながらξ^_^ξは所在が分からず未確認で終えていますが、境内の一角には小岩神社が萬福寺の敷地内にあった頃の石祠が残されているとのことですので、探してみて下さいね。現在は五社山明寿院と号する真言宗豊山派の寺院で、奈良の長谷寺を総本山としているの。

墓苑の入口脇には石塔が二基並び建てられていましたが、説明にある法院中岳と法院政寛両名の筆子塚で、塔身にはそれぞれ「法院中岳 文政元戌寅(1818)六月十日寂」「法院政寛 文政六癸未年(1823)」と刻まれているの。こちらも未確認で終えていますが、墓苑内には立羽不角の墓があるの。不角は宝暦3年(1753)6月21日の歿で、法名は満光院眼釈定月不角居士。墓石には「うつせみは もとのすがたに かへしけり」の辞世の句が刻まれているとのこと。一時は江戸の俳壇を風靡し、門人の数は1,000人を超えたと云われるほどの大家だそうですので、興味のある方は探してみて下さいね。

その墓苑の入口で「日本相撲協会元理事長・第44代横綱栃錦関  春日野清隆墓所」とあるのを見つけたの。
But その方面には疎いξ^_^ξですので、墓誌銘の紹介を以て御案内に代えますね。

〔 春日野清隆之碑 〕  春日野前理事長は、大正14年(1925)2月20日東京都江戸川区小岩に生れ、昭和14年(1939)1月場所大怩ニして初土俵を踏み、短身痩躯ながら旺盛なる闘志全身に漲る。昭和19年(1944)5月新十両栃錦と改む。同22年(1947)6月入幕、同28年(1953)大関に昇進、同30年(1955)1月44代横綱に推挙せらる。その間優勝10回、技能賞9回、殊勲賞1回受賞す。同34年(1959)師匠逝去の為現役にて春日野を襲名、中田と改姓。同35年(1960)5月場所引退す。その引き際は桜花の散るが如く世人心よりこれを惜しむ。昭和36年(1961)勝負検査役、翌年より理事の重任を全うし、同49年(1974)2月理事長の要職に就く。

爾来、15年の在任中、相撲に由縁深き両国に新国技館を建設すべく心血を注ぎ、遂に同60年(1985)1月壮大なる両国国技館を完成、協会の確固たる基盤を築く。其功績は永く歴史に残るべし。その性極めて清廉情誼に厚く、決断力に富み、事を処するに慎重、人徳篤く慕わざる人なし。平成元年(1989)11月宿痾に倒れ、翌年1月福岡にて客死す。生前、藍綬褒章、東京都民栄誉賞、NHK放送文化賞を受賞。その勲績枚挙に遑なし。歿後、従四位勲二等瑞宝章を拝受する光栄に浴す。平成2年(1990)12月23日 財団法人・日本相撲協会  理事長・二子山勝治

27. 小岩神社 こいわじんじゃ 15:55着 16:00発

〔 小岩神社 〕  旧中小岩、下小岩村の鎮守です。江戸時代には神明社、または五社明神社と呼ばれていました。天照大神、八幡、春日、住吉、玉津島の五座が祀られています。元は千葉県の行徳にあり、天文5年(1536)に下小岩村に社を移し、寛文11年(1671)には、古社に縁のあった酒井雅楽頭(さかいうたのかみ)と板倉筑後守(いたくらちくごのかみ)の両人から寄進を受け、本殿と拝殿を造営しました。当社には嘗て五つの摂社があり、天保11年(1840)に摂社の一つであった現在地へと本社を移しました。明治時代になって小岩神社と改称しました。明治37年(1904)、老朽化のため、拝殿と幣殿を再建しました。境内に稲荷大明神と和魂神社等があります。平成23年(2011)3月改訂  江戸川区教育委員会
Map : 東小岩6-15-15

祭神には天照大神、誉田別命、玉津姫命、天児屋根命、表中底筒男命の五柱が祀られるの。
天文5年(1536)に下小岩村へ遷座したと云うのは、萬福寺の境内地に移されたときのことのようね。

28. 宣要寺 せんようじ 16:07着 16:13発

〔 宣要寺 〕  日蓮宗で妙法華山と号します。応安3年(1370)、中山法華経寺の第三世日祐上人が一寺を建てたのが始まりです。本尊は日限(ひぎり)満願日蓮大菩薩像です。日蓮聖人が富木播磨守(ときはりまのかみ)の館で百日説法をした時、聖人に長く留まって頂きたいと云う願いを込めて富木氏が彫刻しました。満願の日に完成したので聖人は自らこの像の開眼をしました。この尊像は日限祖師とも云われています。寺宝として、天保11年(1840)起刻の法華経二十八品御鬮(おみくじ)版木と、安政6年(1859)起刻の略縁起版木があります。境内にある梵鐘は藤原定篤の作です。また、本堂の前庭にある老松は「瑞鳳の松」と称し、姿も美しく、一本の枝は山門まで長く伸びています。
Map : 北小岩2-37-15

■  柴又帝釈天石造道標  昭和61年(1986)登録  江戸川区登録有形文化財・歴史資料
佐倉道の要衝に、天保4年(1833)に建てられた高さ130cmの道標です。
平成13年(2001)  江戸川区教育委員会

本堂 鐘楼 永井荷風句碑

説明にあるように、この宣要寺は応安3年(1370)に中山法華経寺第3世阿闍梨日祐上人(1298-1374)が隠居して一寺を建てたのが始まりとされているの。日祐上人は下総千田庄の領主・千葉大隅守胤貞の猶子で、浄行院と号して本妙寺(現・法華経寺)の第三世を継ぎ、後に隠居して一宇を建てると日限満願日蓮大菩薩像を移して安置したとされるの。境内の一角には鐘楼があり、「梵鐘規模 重量:三百貫  口径:三尺二寸  鐘身:四尺七寸  總丈:五尺九寸」と記す標柱が立てられていましたが、総高180cm、重量1,125kgにも及ぶ大鐘よ。残念ながら撞くことは出来ませんが。(^^; その鐘楼の前には「青竹の しのび返しや 春の雲」「日のあたる 窓の障子や 福寿草」の二首を刻む永井荷風の句碑があるの。碑は昭和41年(1966)に住職の成川氏が荷風の色紙を碑に模写したものだそうよ。

山門をくぐり抜けると最初に流麗な形をした老松の姿が目に飛び込んで来ますが、瑞鳳の松で、鳳凰が翼を広げた姿に似ていることからの命名なの。樹齢は400年程とされ、幹囲り130cm、高さは5m程あり、一本の枝は山門に達するまでに枝を伸ばしているの。

説明には柴又帝釈天道標のことが記されているのですが、探しても見つけられずに終えていますので画像を掲載することが出来ませんが、元々は元佐倉道(現・千葉街道)の下小岩村の高札場付近に建てられていたものだとか。本所竪川の商人7名が天保4年(1833)7月に連名で建てたもので、正中山開基日常上人作日蓮大菩薩満願と刻み、側面には帝釈従是二十余町とあることから柴又の帝釈天(題経寺)への道筋を示す道標であったと伝えられているの。千葉街道の交通の激しさから破損が危惧されることから題経寺と縁ある当寺に移されてきたものだそうよ。お訪ねの際には探してみて下さいね。

29. 十念寺 じゅうねんじ 16:20着 16:32発

〔 十念寺 〕  十念寺は真言宗豊山派で、巌松山無量寿院と号します。元和7年(1621)賢覚に依り開山されました。本尊の木造阿弥陀如来立像は弘法大師の作と伝えられています。
■  銅造観音菩薩立像  江戸川区指定有形文化財  平成18年(2006)指定
銅造りのこの像は、本尊・阿弥陀如来立像の左脇侍像で、像高約34cmです。当初一光三尊の善光寺式阿弥陀三尊像の脇侍像として造立されたと考えられます。鎌倉時代後期作と推定されます。
■  板碑・元応元年(1319)12月日  江戸川区指定有形文化財  昭和57年(1982)指定 元応元年(1319)に造られた板碑です。十念寺旧本堂の縁の下から発見されました。
Map : 北小岩5-32-5

■  法印範盛筆子塚  江戸川区登録有形文化財  昭和62年(1987)登録
境内奥に当寺13世法印範盛の筆子塚があります。文久2年(1862)に入寂した範盛の徳を偲び、同4年(1864)に建立されました。銘文には上小岩村、小岩田村、伊予田村、御番所町、中小岩村の人々の名が刻まれ、範盛が近郷の子弟たちの教育に力を注いだことが窺われます。
■  中小岩の庚申塔河原道石造道標  江戸川区登録有形文化財  昭和58年(1983)登録
■  中小岩の庚申塔市川道石造道標  江戸川区登録有形文化財  昭和58年(1983)登録
共に十念寺の大師堂内に安置されています。河原道石造道標は文化10年(1813)9月に建てられ、「右両国江三り 左市川江三丁、左松戸江一り、右河原江一り」と刻まれています。市川道石造道標は、青面金剛像の右側面に「左いちかわみち」と刻まれています。平成20年(2008)3月  江戸川区教育委員会

左:元応元年(1319)12月日  江戸川区指定有形文化財  昭和57年(1982)2月指定
  元応元年(1319)に造られた板碑です。十念寺旧本堂の縁の下から発見されました。
右:延文六年(1361)銘
板碑「板石塔婆」:供養のために遺族が供えた石の塔婆で、十念寺に現存する最古の祭祀物です。
十念寺ではこの二枚を含め、10枚の板碑が発見されている。

道標&庚申塔の銘文につきましては、
レイアウト上の都合から体裁を変更していますので、御了承下さいね。

墓苑の入口脇には三基の大きな石塔が並び立ちますが、右端にある唐破風付のものが法印範盛筆子塚になるの。台石を見ると、建碑の世話人として上小岩村石井善兵衛の名もあるの。あの善兵衛樋を完成させた善兵衛さんも師事していたのかしら?石井善兵衛の名は代々引き継がれているので、同名だからと云って、善兵衛樋の開削に尽力した善兵衛さんとは限らないかも知れないわね。年代的には微妙にずれているような気もするのですが、検証は御笑覧下さっているみなさんにお任せしますね。(^^;




筆子塚の左手には松の木が風情ある佇まいを見せていたの。
明日の「瑞鳳の松」、未来の「影向の松」となることを夢見て‥‥‥

30. 五北天祖神社 ごほくてんそじんじゃ 16:38着16:40発

Map : 北小岩5-17-2

〔 天祖神社 〕
天祖神社は、万延元年(1860)2月の創建で、天照大神を祀っています。
慶應3年(1867)6月に、現在の社殿に改装されました。元は神明社と称しました。
■  天祖神社のイチョウ  江戸川区指定天然記念物  昭和56年(1981)1月指定
境内の2本の銀杏は、共に樹齢300年以上と考えられますが、今尚、良好な樹勢を保っています。
東側の樹は樹周2.32m、樹高約20m。西側の樹は、樹周2.4m、樹高約25m。区内で一番の高さを誇る、美しい銀杏です。
平成14年(2002)1月  江戸川区教育委員会

31. 上小岩遺跡 かみこいわいせき 16:47着 16:48発

〔 上小岩遺跡 〕  上小岩遺跡は、上小岩小学校あたりを中心に、北小岩六・七丁目付近に広がっています。昭和27年(1952)に、小岩第三中学校の生徒が自宅裏の用水路から土器片を発見し、同校の中村進教諭に知らせたことから、その存在が知られるようになりました。その後、多くの人々により発掘調査が進められ、古墳時代の前期(今から約1,600年前)を中心とする遺跡であることが分かりました。出土品は、弥生中期から古墳時代前期の土器類が主で、東海地方との交流のあったことを示す土器も出土しています。また、漁労に用いた土錘も少なくないことから、半農半漁の生活をしていたことも窺えます。この地の黎明期の様子を伝える遺跡です。平成3年(1991)春  江戸川区
Map : 北小岩5〜8丁目

史蹟めぐりの行程を終えて京成小岩駅に戻る途中で再び上小岩親水緑道に出会ったの。その緑道脇にある小岩保育園前の道路下からは、古墳時代初期の竪穴住居跡と考えられる遺跡が発見されていると知り、訪ねてみれば何か残されているかも知れないわ−と足を向けてみたの。残念ながら、痕跡の欠片も無かったのですが (^^;、代わりに当時の生活の様子を伝えるパネルが置かれていたの。

32. 京成小岩駅 けいせいこいわえき 16:57着

軽い気持ちで歩き始めた史蹟めぐりですが、いざ訪ねてみれば、至る処に当時の人々の生きた証が残されていたの。残念ながら今では痕跡も消え去り、大きく姿を変えたものもありますが、それでも僅かな敷地を得て道標が残されていたりするのを見ると、地元の方々の誇りも見えてくるの。圧巻はやはり善養寺の影向の松ね。ξ^_^ξは訪ねる前までは、菖蒲園の他には何も無いところで、小岩にこんなに凄いモノがあるとは知らずにいたの。加えて、街中を歩けば、水の流れこそ無いものの、あちらこちらで緑道の小径を見つけたの。その街づくりも素敵ね。いかがですか、あなたも今度の週末にでもそぞろ歩きされてみては?それでは、あなたの旅も素敵でありますように‥‥‥
御感想や、記載内容の誤りなど、お気付きの点がありましたらwebmaster@myluxurynight.com まで御連絡下さいね。尚、現地で掲示されていた案内板の内容を転記引用していますが、体裁の変更を含め、適宜修正加筆していますので、必ずしも原文のままと云う訳ではありませんので、予め御了承下さいね。

〔 参考文献 〕
東京堂出版刊 金岡秀友著 古寺名刹辞典
雄山閣刊 大日本地誌大系 新編武蔵風土記稿
岩波書店刊 日本古典文学大系 秋本吉郎校注 風土記
岩波書店刊 日本古典文学大系 倉野憲司・武田祐吉校注 古事記祝詞
新紀元社刊 戸部民夫著 八百万の神々 日本の神霊たちのプロフィール
名著出版社刊 別所光一・丸山典雄著 東京にふる里をつくる会編 江戸川区の歴史
学生社刊 内田定夫著 東京史跡ガイド(23) 江戸川区史跡散歩
江戸川区教育委員会 編集・発行 江戸川区の史跡と名所
江戸川区編集・発行 江戸川区史 第一巻&第三巻
江戸川区郷土資料室 解説シート No.1-7 上小岩遺跡
江戸川区郷土資料室 解説シート No.1-8 葛西御厨
江戸川区郷土資料室 解説シート No.2-8 江戸川区内の力石
江戸川区郷土資料室 解説シート No.2-9 区内の天祖神社
その他、現地にて頂いてきたパンフ・栞など











どこにもいけないわ
Copyright by myluxurynight.com 2002-2018 All rights reserved.